林業の話

今回は すのこ 他様々な製品を作る時できる 鋸屑やカンナ屑の

利用を書こうかのぅ

池川木材工業では今まで不要な様々な廃棄物(上記カンナ屑等)

を焼却炉にて焼却処分しておりましたが勿体ない資源なのでバイ

オマスエネルギーに利用しようと木質ペレットを生産し木質燃料とし

て販売しております。

木質ペレット生産はまず搬出された木材を 破砕ー乾燥ー整形の

過程で生産されますが 池木 は原料が破砕乾燥の出来た廃棄

物ですので上記2工程を省くことができ生産コストを抑えることが

できまた原料は皮の部分をすでに除去しておりますので良質の

ホワイトペレットを生産しております。

 

池木ペレット生産プラント

IMG_3099.JPG

成形機

IMG_3097.JPG

 

2011年06月04日 | カテゴリー: 林業の話| コメント(0)| トラックバック(0)

材木の話を書きだしてはや5回目になった 

月日の経つのは早いもんじゃ 年を取るはずよ

(有)池川木材工業 通称池木(いけもく)

すのこ 生産日本一 そう風呂場の脱衣場によく敷いてある

例のやつよ ホームセンターなどでよく売られよる簡単な板

製の踏み板よ

他にもマガジンラック 小物入れ 風呂の椅子 手桶 ワイン

ラック ヒノキ製の名刺入れ 大きなものではヒノキの浴槽

ログハウス 色々作りよる 今日は すのこ の出来るまでを

紹介しようか

 

池木 大原会長自慢のドイツ製モルダー この機械で4面同時に

カンナ掛けできる 購入時国産の倍以上の価格だったそうだが

20数年使うがまだまだ現役

IMG_2976.JPG

この工程で部材の両端を直角に落とし長さを一定に裁断する

IMG_2982.JPG

すのこ 打ち工程 ここで すのこ は一定の長さ幅でくぎ打ち

され製品となります

IMG_2980.JPG

そして梱包出荷待ちの すのこ の山 

IMG_3096.JPG

次回は すのこ を作るときに出るカンナ屑や大鋸屑がどのように

姿を変え利用されるか書こうかのぅ

2011年04月13日 | カテゴリー: 林業の話| コメント(0)| トラックバック(0)

東日本大震災日が経つごとに被害が大きくなりますのぅ

まっこと被災された方々お見舞い申し上げます。

また不幸にして亡くなられた方々お悔み申し上げます。

今回は高知は仁淀川町にある(有)池川木材工業さんの

山から出たものは無駄にしないエコ取り組みを紹介致します。

前回は搬出された木材が皮をはがれ大割りされるまでを

書きましたが今日は剥がれた皮と大割りした材の不要な

部分通称背板と言われる部分の利用を知って貰おううかのぅ

 

まず皮の部分は皮剥ぎラインからこの鉄の箱に入れられ

乾燥施設のボイラー迄運ばれます。

IMG_2988.JPG  

ボイラーの燃料槽に入れられ燃料として利用されます。

IMG_2986.JPG

このオーストリア製のボイラーで焼却され乾燥熱源として利用

されます 

IMG_2984.JPG

さて背板はここのチップマシンで小さく裁断され製紙パルプ原料に

出荷されます 皮を剥いで有るので製紙原料になりますが皮付き

はボイラー燃料にしか売れません。

IMG_2955.JPG

このような綺麗な製紙用チップとなり出荷されます。

IMG_2956.JPG

山からの木材はこのように天からの贈り物ととして

無駄なく利用されております。

次はどのような製品が作られまた製品化する過程で

出る廃棄物よりどのような製品ができるかをお知らせ

致します。

 

2011年04月01日 | カテゴリー: 林業の話| コメント(0)| トラックバック(0)

今日も高知の山の話を書こうかのぅ

前回までは山から製材工場に搬入された材木が皮を剥かれるまでを

書いたがこれからは様々な製品になり材木の全てが利用されるのを

書いてみろうか。

 

皮を剥かれた原木(材木関係者は材木を原木と言います)製品に

なった時の幅の厚さに製材され自動化された製材機で安全に製

材される まっこと昔の3Kの職場とは大分違うたもんよ

IMG_2959.JPG

一瞬に両側を落とし厚板状に

IMG_2961.JPG

この装置で一定の長さに裁断されフォークリフトで運びやすいように

置かれらぁょ

IMG_2958.JPG

厚板状に製材された材木の山 これから角材にまた乾燥され薄板に

加工される

IMG_2952.JPG

一連の工程を荒割りと言わぁの 次回は皮剥き 荒割り工程で

生じた廃棄物 廃材がどのように利用されるか書うかのぅ

2011年03月09日 | カテゴリー: 林業の話| コメント(0)| トラックバック(0)

前回山から製材工場までの流れをかきましたのぅ 今回からは製材

工場から消費者までの流れと製材加工工程でできる端材や廃棄物

がどのように利用されるか書こうか

製材工場の集積場に運ばれた材木は下の写真の皮剥ぎプラントで

材木部から邪魔な皮を取り除かあょ

 

フォークリフトで皮剥ぎラインへ

IMG_2963.JPG

一本一本皮剥ぎ機へ  

IMG_2965.JPG

IMG_2969.JPG

皮を剥かれた材木はラインで直径ごとに仕分けられます

IMG_2971.JPG

2011年02月26日 | カテゴリー: 林業の話| コメント(0)| トラックバック(0)

ブログプロフィール

川水では、お客様により安心・安全なうなぎをお召し上がって頂く為に手間暇かけて大切にうなぎを養殖しております。投薬等は行わず、また餌にもこだわり、皆様にうなぎ本来の味を味わって頂ける様なうなぎを作ります。また、土佐のオススメ情報も発信していきます。

川口水産プロフィール
川口水産は和歌山県の有田市という所で創業30年以上うなぎ一筋の専門工場でございます。皆様から美味しいと言って頂けるようなうなぎを日夜、一生懸命作っております。
川口水産株式会社
〒649-0435 和歌山県有田市宮原町滝川原212
TEL:0737-88-5118
FAX:0737-88-5233