和歌山にある、うなぎ屋川水の社長の元気ブログ

<前の5件5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
東日本大震災、あれから3年・・・・・・。
 
忘れてはいけない。
 
やがて関西にもやってくるであろう「大地震」に備えることを。
 
皆さま、備えてますか?
 
非常食、水、非常用トイレ、発電機、ガスコンロ、手回し式携帯充電器付きラジオ・・・・
 
うちは先日から非常食の入れ替えを始めてます。
 
カップ麺をたくさん備蓄していたのですが、カップ麺って案外
 
賞味期限が短いので、今回は水だけでも食べれて、賞味期限も5年の
 
α米シリーズにしました。
 
ちなみに賞味期限切れ1年以上のカップ麺を食べてみましたが大丈夫でした。
 
ただ、ノンフライ麺は戻りが極端に悪く、食べれたものではありませんでした。
 
 さっそく届いたのですが、α米というものを食べたことがなかったので、
 
食べてみたいという衝動に駆られましたw
 
非常食なので、2019年の賞味期限まで、食べずに済むことを願うわけです。
 
そしてその時点で入れ替えるときに食べればいいのでしょうが
 
気になる・・・・・・
 
味が気になるwwwどうしても気になるwww
 
ということで、食べるしかない!!
 
という結論に達しました。
 
2014-03-11 α米五目ごはん.jpg
 
お湯を入れて15分置いとくだけ。
 
2014-03-11 α米五目ごはん2.jpg
 
多分美味しいと思っていましたw
 
2014-03-11 α米五目ごはん3.jpg
 
そして、やっぱり美味しかったです。
 
若干コメがぱさつき気味ですが普段の食事として食べられるレベルです。
 
味付きのご飯の場合、お湯や水を入れてチャックをしたら袋を軽く振って
 
中身を混ぜたほうが、味がまんべんなく行き渡っていいと思いました。
 
覚えておこう。
 
このシリーズ14種類ぐらいあって、ほとんど買ったので
 
他のも味見してみます。
 
でも1パックずつ限定にしとかないとダメですね。
 
 
 
 
 
■シラスウナギ情報(10日)
 
ここ二日間の採捕量は、潮回りが悪くなっている上に天候悪化で採れがおち、
 
中国が日々300?400kg
 
累積採捕量は39,150-39,250t
 
池入れ量は26,450-26,550t
 
日本国内   この15日でシラスウナギ多獲地域の高知県と宮崎県が終漁する。
 
宮崎県10kg弱
 
高知県10kg台
 
徳島県10kg前後
 
浜名湖、天竜川で10-15kg
 
九十九里、房州で10-20kg位
 
全国で70-80kgは採れた計算になる。
 
 
 
 
日本、中国、台湾の総池入れ量は45トンプラスα
 
国内は17トン強
 
中国は25トン強
 
台湾は3トン前後            
 
 
国内のマックスは20トン
 
と見てましたが、先日の全荷連加工部会の会議で
 
産地に近い方々の見方では
 
18トンがマックスではとのことです。
 
理由は
 
1、資金的なこと
 
2、池のキャパ
 
2については、全国の養鰻業者のうち、
 
年間を通じてコンスタントに出荷してくる周年組と言われる方々が
 
一定数おられます。特に大隅地区に多いですが、
 
その周年組の養鰻場にはヒネ在庫が一定量あり、
 
その分も差し引くと18トンが目一杯ではないかとのことです。
 
また、10年数前に、シラスが安いからと目いっぱい池入れすると
 
思うように育たず、結果的に大損になることを学んでいることからも
 
これ以上池入れが進むことは考えにくい。
 
ただし、中国は資金、キャパ共にまだまだ余裕があるようだし
 
シラスウナギ漁は5月まで続くことから最終的に40トンまで
 
いく可能性もあるかと思います。
 
 
 
 
■池揚げ価格
 
 
変わらず
 
 
国産活鰻の池上げ価格(前年同期)
     
3P3850(3000?)
4P4700(3800?)
5P5200(4400?)
 
 
 
台湾産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P4100(3300)
4P4950(4000)
5P5450(4400)
 
 
 
中国産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P4050?(3400)
4P5050?(4250)
5P5650?(4750)
 
 


2014年03月11日 | カテゴリー: 会社で, 有田で, B級グルメ| コメント(720)| トラックバック(0)

 
2014-03-03 事務所のさくら満開.jpg
 
毎年正月にいただく鉢植えのさくらの花が事務所の中で満開になりました。
 
ほんと、スバラシイ贈り物です。
 
そこの会社のロゴがどこかに入っているわけでもありませんが
 
3ヶ月ぐらいはずっと事務所に置いてもらえて
 
やがて咲くという期待が雰囲気を暖かくしてくれます。
 
この鉢植えを見るたびにその会社のことを思い出し
 
そして外のさくらに先駆けて花が咲き、春がもうそこまで
 
来ているよと教えてくれて人の心を暖かくしてくれます。
 
暖かくなって日本中の屋外の桜が咲く頃に役割を終えるわけですが、
 
そうすると従業員の誰かが持って帰り
 
次の年もそこの家で咲く。
 
 
スバラシイ!!
 
今年のは形がいいように感じます。
 
 
2014-03-03 いちごジュース.jpg
 
そしていちごの季節到来です。
 
たまに行く風呂屋のジュース屋さんでは季節限定メニューで
 
いちごジュースがあったので迷わず注文しました。
 
ここでも春を感じましたよw
 
 
 今月のうな丼の日は鹿児島の岩切さんのうなぎでした。
 
 
2014-03-3 うな丼の日.jpg
 
液体酸素を使って養殖される方で、成績も良好と聞きます。
 
味はもちろん美味でした(^^)
 
おかずは玉子焼きと石巻のメーカーさんの辛子明太子でした。
 
 
 
 
 
 
■シラスウナギ情報(4日)
 
 
シラスウナギ漁、3月1日の新月をはさんだ大潮で今シーズン
 
最大の山場をむかえたようで、採捕量は国内だけで1tは軽く
 
オーバーしたとのことでした。
 
現在は100kg前後まで落ちてきてるとはいうものの
 
日々100kgは去年のことを考えれば考えられない豊漁です。
 
中国は同じく大潮に1t?1t200ぐらい採れ、その後も
 
日々400kg以上採れているとのことです。
 
 
 なんだか49年ぶりに2月から台風が発生しているみたいですね。
 
もうすでに3号だそうです。
 
ちなみに49年前は冷夏だったそうで、今年の夏も冷夏にならないことを
 
切に願います。
 
 
日本、中国、台湾の総池入れ量は40トンプラスα
 
国内は16?7
 
中国は24トン弱
 
台湾は2トン前後            
 
 
国内のマックスは20トン
 
どうやらそこまでいきそうですね(^^)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■池揚げ価格
 
 
変わらず
 
 
国産活鰻の池上げ価格(前年同期)
     
3P3850(3000?)
4P4700(3800?)
5P5200(4400?)
 
 
 
台湾産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P4100(3300)
4P4950(4000)
5P5450(4400)
 
 
 
中国産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P4050?(3400)
4P5050?(4250)
5P5650?(4750)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★1月輸入通関統計★
 
●活鰻輸入量
 
中国   291トン
 
平均価格(C&F)4107円/kg
 
 
台湾    64トン 
 
平均価格(C&F)3971円/kg
 
 
フランス  10トン
 
平均価格(C&F)2743円/kg
 
 
オーストラリア 419kg
 
平均価格(C&F)1401円/kg
 
 
 
 
 
 
 
●加工品輸入量
 
中国   633トン
 
平均価格(C&F)3076円/kg
 
台湾   20トン
 
平均価格(C&F)4157円/kg
 
 
 
 
 
 
●シラスウナギ
 
香港    3243kg 
 
平均価格(C&F)86万円/kg
 
 
 
フィリピン     309kg
 
平均価格(C&F)17256円/kg
 
 
 


2014年03月05日 | カテゴリー: うなぎ, 会社で| コメント(1192)| トラックバック(0)

先週末から昨日まで、高知龍馬マラソンと直営養鰻場の出荷選別のため
 
高知へ行ってきました。


 
2014-02-16 龍馬マラソン 龍馬さん.jpg
 
1年前、4時間7分だったレース、なんとしても今年は4時間を切るぞ
 
と意気込んで、という割には練習をあんまりやれてないという状態で挑みましたw
 
2014-02-16 龍馬マラソン スタート.jpg
 
日曜日の高知は快晴、風邪が強めで冷たかったのですが、
 
まあ、絶好のマラソン日和といえるでしょう。
 
前日はおとなしく禁酒して寝る予定でしたが、
 
ひょんなことから、フィギアで有名な海洋堂さんの四万十ホビー館
 
 
館長の宮脇修さんの文化庁長官賞受賞記念パーティーに
 
出席することになり、ビールを少々いただいてしまいましたw
 
にもかかわらず!!
 
なんと!!
 
2014-02-16 龍馬マラソン サブ4達成.jpg
 
 
フルマラソン5回目にしてようやく4時間切り、業界用語でサブ4と言います。
 
目標にたどり着きました。
 
さて、次は・・・・・・・
 
目標を設定しようかどうか悩み中です。
 
 
 
 
今回出荷したうなぎは、ここ最近出荷したうなぎに比べてもいい感じで
 
季節の変動と共にうなぎの品質も良くなってきつつあるのを実感します。
 
そして、普通なかなかお目にかかる機会がないのですが
 
浜辺でシラスウナギ漁を見学させていただきました。
 
2014-02-17 高知シラスウナギ漁.jpg
 
真っ暗な海にウエットスーツを着た男たちが次々に入っていきます。
 
そして一回30分ほど、大きな網を引っ張ってその網の中にシラスウナギを
 
捕らえるのですが、真っ暗な海に胸まで浸かって行ったり来たりを繰り返すわけですが
 
波を頭からかぶることもあるところを見ると、まさに命がけの漁です。
 
今年も一人亡くなってるとのことでした。
 
やわな男では務まらんハードな仕事やと実感しました。
 
この日は風もなく、比較的気温も高めということでしたが
 
慣れない僕にとって冬の夜の海辺は南国高知と言えども非常に寒く、
 
2時間ぐらいで体はすっかり冷えて風邪をひいてしまいました。
 
もう治りましたがw
 
新聞ではさっぱり採れていないと書かれていますが、
 
僕が見ていた2時間の感じでは、そこそこ採れているという気がしました。
 
 
さて、そのシラスウナギの人工孵化に明るいニュース
 
今までは5?20リットルの小さな透明の水槽でなければ人工孵化したレプトから
 
シラスまで飼育できなかったのですが
 
今回は1000リットルの塩化ビニール水槽での飼育に成功したとのことです。
 
また一歩、シラスウナギの安定供給に近づきました。
 
(T人T)
 
 
■シラスウナギ情報(17日)
 
 
 
 
日本、中国、台湾の総池入れ量は30トン前後
 
国内は14トン前後
 
中国は14トン前後
 
台湾は2トン前後            
 
 
この数字は2011年を上回るのは確実で、2010年も上回るかもしれません。
 
 
 
 
■池揚げ価格
 
 
変わらず
 
 
国産活鰻の池上げ価格(前年同期)
     
3P3850(3000?)
4P4700(3800?)
5P5200(4400?)
 
 
 
台湾産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P4100(3300)
4P4950(4000)
5P5450(4400)
 
 
 
中国産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P4050?(3400)
4P5050?(4250)
5P5650?(4750)
 
 


2014年02月19日 | カテゴリー: うなぎ, ランニング| コメント(2040)| トラックバック(0)

最近、なにかの会の時、半分冗談で
 
「うなぎの屋台ってあったらええのにね」っていう会話になったのですが、
 
偶然にも、テレビで紹介されていたようです。
 
 
日本唯一のうなぎ屋台、行ってみたい。
 
 
 さて、週末はえらいゆきでしたね。
 
こっちは金曜日の夜、2時間ぐらいで一気に5センチも積もりまして、
 
めったに雪がふらない有田の子どもたちは大はしゃぎ。
 
口をあけて降ってくる雪を食べたり、
 
うちの子供達は大きな雪だるまを作って遊んでました。
 
2014-02-08 雪だるま.jpg
 
なかなかの力作です(笑)
 
そうかと思うとあくる日、犬の散歩をしていますと
 
梅の花が咲き始めていました。
 
2014-02-09 梅の花咲き始め.jpg
 
確実に春は近づいているというのに
 
東京の大雪にはびっくりしました。
 
そして、昨日日曜日は
 
有田市みかん海道マラソンが10kmと比較的短い距離で開催されました。
 
たった10kmですが、高低差160mとかなりアップダウンがキツいコースで
 
川口水産はゼッケン協賛させていただき
 
社員さん8名が走る方に参加、12名がウォーキングの部に参加しました。
 
2014-02-10 みかん海道マラソンゼッケン協賛.jpg
 
私以外のメンバーは初のレース出場で、
 
あっちこっち痛い痛いと言いながら、なんとか
 
みんな無事に完走することができました。
 
中には、びっくりするほどいいタイムで完走した社員さんもいて
 
嬉しいやら悔しいやら複雑な気持ちです。
 
今後も有田市唯一のマラソン大会を応援していきたいと思います。
 
先週は節分ありました。
 
かなり贅沢な巻きずしを作って食べました。
 
2014-02-03 うなぎ1尾巻きずし.jpg
 
一尾まるまる使ってます。
 
断面図はこうなってます。
 
2014-02-03 うなぎ1尾巻きずし断面.jpg
 
太いので、丸かぶりはできませんので、普通に2センチぐらいに
 
切って食べました。卵のほうから食べるとうな玉寿司、きゅうりの方から
 
食べるとうなきゅうになって、おいしいうなぎ寿司を堪能しました。
 
 
そして週末は、洋風うなぎ丼を友人が作ってくれました。
 
 2014-02-09 洋風うなぎ丼.jpg
 
黒米おにぎりにバター、うなぎ蒲焼をバルサミコ酢とウスターソースで
 
味付けしてくれました。仕上げに山椒オイルを使いました。
 
2014-02-09 山椒香味油.jpg
 
 
ワインもたっぷり飲みましたよ(笑)
 
  
 
 
 
■シラスウナギ情報(7日)
 
 
池入れ量、一気に増えたようになってますが
 
業界新聞のデータの修正がありましたので
 
より、現実に近づいたということです。
 
「もっと多いよ」と言う活鰻問屋さんもいます。
 
 
 
日本、中国、台湾の総池入れ量は17?29トン
 
国内は12トン前後
 
中国は11トン前後
 
台湾は2トン弱            
 
ちなみに韓国は3、5トン程度の池入れとのことです。
 
 
 
 
 
 
活鰻価格は変わらず。来週も横ばいとのことです。
 
 
 
 
■池揚げ価格
 
 
国産活鰻の池上げ価格(前年同期)
     
3P3850(2950?)
4P4700(3700?)
5P5200(4200?)
 
 
 
台湾産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P4100(3250)
4P4950(4050)
5P5450(4530)
 
 
 
中国産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P4050?(3400)
4P5050?(4250)
5P5650?(4750)


2014年02月10日 | カテゴリー: うなぎ, ランニング, B級グルメ| コメント(1547)| トラックバック(0)

今週は、楽天市場新春カンファレンスで東京に行ってきました。
 
2014-01-28 富士山.jpg
 
今年はじめ、友達が飛行機から
 
それはそれはきれいな富士山を写真に収めてたのを見て
 
今までは席は通路側に指定してたのですが
 
せっかくなので富士山を見るために窓側席を指定しました。
 
やっぱり富士山はスバラシイ!!
 
なんだか心が洗われるようです。
 
 
 
2014-01-28 楽天新春カンファレンス.jpg
 
そして楽天新春カンファレンス
 
座談会で喋らせていただき、勉強になりました。
 
今週は他にも、久しぶりにお会いした人から
 
様々なことを学びました。ありがとうございます。


 
 そして一色ハーフマラソンに行ってきました。
 
2014-01-26 一色ハーフマラソン.jpg
 
うなぎの産地なのでうなぎ犬の帽子をかぶっての参加
 
タイムは1時間50分
 
ゴール前、3ラップほどペースダウンしたのが反省点
 
「よし、これでいける!」と思うと気が緩んでしまうようで
 
これは仕事にも言えることだから気をつけないといけない。
 
と、反省。
 
 2014-01-26 一色ハーフマラソン参加者.jpg

 
レースの日は日曜日、
 
産地問屋の友人が昼も夜も打ち上げの飲み会を開いてくれました。
 
そして翌日は一色でも有名な山水亭という、これまた友人が経営するお店で
 
うなぎの一夜干しやひつまぶしをいただいてかえりました。
 
2014-01-27 うなぎの一夜干し.jpg
 
一夜干し↑
 
2014-01-27 ひつまぶし.jpg
 
ひつまぶし↑はわかりますよねw
 

 
■シラスウナギ情報
 
ここ数日は闇夜の大潮ということもあって
 
日本国内でも、一日に100?150kg採れている。
 
中国は相変わらず一日300kgの高水準で推移していることから
 
日本の数字はまだまだ豊漁といえる数字ではないし
 
採れてる産地も偏っている。
 
「本当に豊漁の年なら潮回りなんか関係なく
 
2?300kgぐらいずつ毎日のように採れますよ」
 
とはシラスウナギ扱いベテランのTさん談
 
「東大の研究船 白鳳丸が去年は遅い時期に
 
産卵場所をかき回しに行ったから、遅い時期に採れる
 
日本や中国の江蘇省もあんまり採れてない。
 
あのかき回し船を行かさないようにしないとあかん」
 
とも言うてました。
 
この説、ホンマかもしれません。
 
偉い先生は
 
「広い海の中にアミを入れたぐらいで自然に影響を与えるとは思わない」
 
と言ってたが、一回やめてみてほしいものです。
 
 
 
 
日本、中国、台湾の総池入れ量は19?20トン
 
国内は10トン後半
 
中国は7、5トン
 
台湾は1、5トン            
 
ちなみに韓国は3、3トン程度の池入れとのことです。
 
 
 
 
 
 
活鰻価格は変わらず。来週も横ばいとのことです。
 
 
 
 
■池揚げ価格
 
 
国産活鰻の池上げ価格(前年同期)
     
3P3850(2950?)
4P4700(3700?)
5P5200(4200?)
 
 
 
台湾産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P4100(3250)
4P4950(4050)
5P5450(4530)
 
 
 
中国産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P4050?(3400)
4P5050?(4250)
5P5650?(4750)
 
 
★12月輸入通関統計★
 
●活鰻輸入量
 
中国   326トン
 
平均価格(C&F)4072円/kg
 
 
台湾    40トン 
 
平均価格(C&F)4049円/kg
 
 
フランス  11トン
 
平均価格(C&F)2867円/kg
 
 
オーストラリア 213kg
 
平均価格(C&F)1399円/kg
 
 
 
 
 
 
 
●加工品輸入量
 
中国   516トン
 
平均価格(C&F)3076円/kg
 
台湾   6トン
 
平均価格(C&F)4157円/kg
 
インドネシア   2トン
 
平均価格(C&F)1806円/kg
 
 
 
 
●シラスウナギ
 
香港    5502kg 
 
平均価格(C&F)160万円/kg
 
 
 
インドネシア   104kg
 
平均価格(C&F)10万円/kg
 
 
フィリピン     681kg
 
平均価格(C&F)18722円/kg
 

 
 


2014年02月01日 | カテゴリー: うなぎ, ランニング, 感動!!| コメント(1320)| トラックバック(0)

<前の5件5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
ブログプロフィール

川口水産の社長はこんな人。
1963年3月生まれ
干支:うさぎ
星座:牡羊座
動物キャラ:大きな志を持った猿
好きな数字:3と8
(趣味)
読書:司馬遼太郎ファン、特に「坂の上の雲」
身体を動かすこと:マラソンとゴルフ
旅行:20代半ばで、2年間海外を放浪(中近東、北アフリカ、ヨーロッパ、西アジア)
B級グルメ:美味しいものを求めて何処までも?
早寝早起き:10時に寝て5時に起きます。

川口水産プロフィール
川口水産は和歌山県の有田市で創業30年以上うなぎ一筋です。日本一おいしいうなぎを日本中の人にお届けすることを目差してます。
川口水産株式会社
〒649-0435 和歌山県有田市宮原町滝川原212
TEL:0737-88-5118
FAX:0737-88-5233