ランニング
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
 
お久しぶりです。
 
2015-06-10 山椒畑.jpg 

山椒がたわわに実ってます。生の実山椒の季節が終わり
 
もうすぐ乾燥用の山椒の収穫が始まろうとしています。
 
和歌山県は日本の山椒の60?70%を生産する、山椒の大産地なんです。
 
知ってました?
 
うなぎとは切っても切れない香辛料
 
もちろん、弊社のたれに付けてる山椒は100%和歌山県産の山椒です。
 
2015-06-10 粒山椒.jpg
 
粉になる前はこんな感じです。
 
山椒けっこういろいろなものに合うなと思い、ちょいちょいマイ山椒を持ち歩いてます。
 
2015-06-17 秋刀魚に山椒.jpg 

今日の昼ごはんの秋刀魚にもいけた!!
 
 
さて
 
 2015-06-05 口を開けばうなぎの話ペン.jpg
 
 
先日、福岡で全荷連加工部会の定例会が開催されました。
 
会議では各加工場の稼働状況や受注に対しての消化の進み具合
 
などが話し合われました。
 
今年の土用丑に向けた注文はどこも多く、また年明けからの活鰻の不足が今も続き、
 
十分に工場の稼働率を上げられていないことも足を引っ張って
 
注文の消化は概ね70%程度に留まっている。
 
活鰻の少なさはこの後も続いて、最終的には100%消化できないという見方が多かった。
 
秋以降の加工については、今シーズンのシラスの池入れ量の少なさから、
 
土用丑が過ぎて一段落するまもなく、新仔の出荷が多いうちに出来る限り加工する。
 
という加工場が多く、
 
来シーズンを通しての価格は4000円?4500円あたりになるのではないか
 
との見通しに否定する意見は出なかった。
 
まあ、秋に一気にということではないでしょうが・・・・・・
 
 
6月21日は父の日、今週は父の日ウィークです。
 
父の日うなぎ、ものすごく広がったような気がしています。
 
 
 
 
■業界動向
 
 
今年は新仔の出荷が遅く、いつもは早くから出荷が始まる三重や宮崎の養鰻業者も
 
未だ本格出荷に至っていない。
 
先日、三河からほんの少しだけ新仔が届いたので、早速試し焼きをしてみました。
 
2015-06-17 三河の新仔.jpg
 
見た目からして柔らかく、焼いてもめちゃめちゃやわらかい
 
三河らしい新仔です。
 
 
 
 
■活鰻相場
 
 
月曜日、九州相場オール100円アップ
 
三河も本日オール100円アップになります。
 
そして新仔価格はそれに200円プラスです。
 
 
 
■国産活鰻の池上げ価格(前年同期)

 
 
 
 
三河 
    
3P3350?(3850)
4P3550?(4500)
5P3750?(4900)
 
 
 
九州 
 
3P3350?(3600)
4P3550?(4050)
5P3750?(4300)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今シーズン最終のフルマラソン、千歳
 
2015-06-07 千歳マラソン.jpg
 
雪だるま溶けてませんが、いろいろ食ってきました?。
 
2015-06-05 ちんやすき焼き.jpg
 
前々日は福岡ですき焼き?!
 
 2015-06-06 カニとウニの混ぜご飯.jpg
 
前日は千歳の友達の弟さんのお店でこんな贅沢な混ぜご飯を・・・・
 
 2015-06-07 生ラムジンギスカン宮下精肉店.jpg
 
レースのあとはジンギスカンで〆
 
じつはその前に、サザンオールスターズの札幌ドームライブへ!!
 
これは偶然にも大阪から来れなくなった人のを
 
千歳の友人からチケット譲ってもらっての参加。
 
前から一回行ってみたいと思ってただけに
 
ほんまツイてます!!ありがとうございます(^^)v
 
で、マラソンは・・・・・
 
景色のいい森の中を気持ちよ?く完走しました。終わり(^_^;)
 
あ、大阪マラソン川口水産チーム4名で当選しました!!
 
ほんまツイてますわ!!ありがとうございます。




高知のYさん、久しぶりに更新しましたよ(笑)
 
 


2015年06月17日 | カテゴリー: うなぎ, ランニング, B級グルメ| コメント(1525)| トラックバック(0)

 ★★もう一回春の土用丑は5月1日です★★  





 
   
ベジタリアンやったり、糖質カットやったり、一日一食やったり
 
いろいろやりましたが、今はガンガン食べてます。
 
 
春土用だし、月一回のうな丼の日に唐辛子やキムチと合わせて
 
うな丼いただきました!!

2015-04-15 うな丼の日.jpg
 
うなぎも食べますがいろんな肉も食いまくりです!
 
2015-04-20 まるみや食堂カツ丼.jpg
 
宮原駅前のまるみや食堂の名物メニューのカツ丼です。
 
いままでこの店ではオムライスばっかり食べてまして、
 
カツ丼が名物だとはしりませんでした。
 
卵がないのでビジュアルも特徴ありです。
 
そしてこれがまた量が多い!
 
これを大!って注文する人もいるから驚きです(笑)
 
この近所には他にもすごい食堂がありまして
 
2015-04-25 まるなか食堂焼きそば定食.jpg
 
焼きそば定食、税込み500円
 
小皿にとんかつのってます。
 
豆腐の代わりにハンバーグのってたこともあります。
 
最強でしょ(笑)
 
地元では食堂めぐりにはまってるのですが
 
先日、あるお客さまに連れていってもらったここ
 
2015-04-21 たん熊ランチ.jpg
 
料理もさることながら、雰囲気や空気感の醸し出し方が絶妙でした。
 
1時間少々でごちそうさましましたが、本当は2時間ぐらいかけて
 
ゆっくりいただくのだそうです。
 
確かに1時間があっという間でした。
 
接客も空間も料理の味と同じぐらいかそれ以上に大事なんだと
 
とっても勉強になりました。
 
 
 
先々週は清水町でぼたん鍋

2015-04-11 ぼたん鍋清心館.jpg
 
 
帰りは翌朝、40kmを自分の足で走って帰りました(笑)
 
そして昨日はひつじいただきました。
 
2015-04-24 けむり屋たれ.jpg
 
にんにくチップに韓国唐辛子+胡椒ここに醤油たれと
 
ごまだれをいれていただきます。
 
ん?美味しかった!!
 
おかげで強烈なにんにく臭さで、寝てる間に窓全開にされてました(笑)
 
 
 
■業界動向
 
 
 
国産の活鰻が足りない
 
早くもスポットの問い合わせが来ている。
 
国産蒲焼きメーカーはどこも同じようですが、
 
今年の夏向けはすでに受注終了。
 
昨年のシラスウナギの池入れ量から、今年の夏は原料の心配はしなくてもいいと思ってました。
 
が、この時期のうなぎ不足。。。
 
去年のシラスウナギはどこへいってしまったのか???
 
実は池入れ量は少なかった。とか
 
すでに消費されてしまった。とか言われてますが
 
実のところはわかりません・・・・・・・
 
育ちが悪いってこともあるかもしれないのですが、
 
とにかく、例年どおり今年も需要に供給が追いつかない状況は続きそうです。
 
 
 
 
■シラスウナギ
 
 
国内のシラスウナギ漁期は完全終了
 
ということで今期の国内池入れ量は約17トン
 
 
 
大隅が6トン+α
 
宮崎が3トン+α
 
三河が3トン+α
 
※日本養殖新聞、アクアカルチャー参照
 
 
■活鰻相場
 
 
 
国内相場はとりあえず変わらず
 
中国産、台湾産共に続いて値上がりしていて
 
先高傾向は続く
 
 
 
 
 
■国産活鰻の池上げ価格(前年同期)

 
 
 
 
三河 
2.5P2350?    
3P3050?(3850)
4P3250?(4700)
5P3450?(5200)
 
 
 
九州 
 
3P3050?(3750)
4P3250?(4300)
5P3450?(4600)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大阪マラソン、グループエントリー完了
 
今年はかわすいランニングクラブから4名エントリー
 
去年は落選でしたが今年は当選する気がします(^^)v
 
6月7月はさすがに自粛しますが、その他の月は
 
トレーニングを兼ねて毎月フルマラソンを走ろうと思います。
 
5月は高野山でトレイルラン(^^)
 
 
そして友達から自転車いただきました。
 
2015-04-22 自転車もらった.jpg
 
5?6年前に買って4?5回乗っただけでずっと放置していたのだそうです。
 
タイヤ小さいけどカッコいいし、使わせてもらおうと思います。
 
ミニベロという車種だそうですが
 
これでロードバイクと一緒にサイクリングしようと思ってます(^^)v
 
トライアスロンへの入り口に来たのかも・・・・・
 


2015年04月25日 | カテゴリー: うなぎ, ランニング, 会社で, B級グルメ| コメント(1001)| トラックバック(0)

ようやく暖かくなってきそうですね。
 
天気予報を見てるとこの先は最低気温が2度とか3度とかにはなりそうになく
 
このまま春になり
 
いよいようなぎのシーズン幕開けです。
 
ドキドキワクワクしますね(^^)v
 
 
 
 
 
今回横浜マラソンに参加する機会に、
 
前から一回行ってみたかった横浜ラーメン博物館行ってきました。
 
 
なんとドイツにあるラーメン屋さんも出店していました。
 
これは食べておかないと、と真っ先に飛びこみました。
 
2015-03-13 横浜ラーメン博物館 無垢(ドイツ).jpg
 
現地にある食材で作るのに試行錯誤した結果
 
麺にはデュラムセモリナを使ったとのことで
 
食べてみると、うまい!!
 
モチモチ感が強くスープやチャーシューもなんかちがう
 
感覚的にヨーロッパと言う感じでした。
 
遠くイタリアからも食べに来るというお店だそうです。
 
 
そして横浜はなぜか鶏料理も多いので
 
マラソン前日は親子丼でエネルギー充填
 
2015-03-14 横浜親子丼.jpg
 
七味控えめです(笑)
 
マラソン前日はできるだけ歩かないようにしてるのに
 
気がついたら15000歩も歩いてました。。。
 
これはあかんと後悔しましたが時すでに遅し
 
そして翌日の横浜マラソン、3時間58分で完走しました。
 
 
 
 
■業界動向
 
活鰻の池揚げは一時に比べるとかなり増えているが
 
まだまだ不足感は強く、全国の加工業者が満足できるレベルにはなっていない。
 
この先も不足感が続くと見ています。
 
 
■シラスウナギ
 
 
宮崎も終了であとはチョロチョロ+1トンがせいぜい
 
中国から入っても1?2トン
 
ということで今期の国内池入れ量はMAX17?18トン
 
 
国内池入れ総量は15トン前後
 
大隅が6トン
 
宮崎が3トン
 
三河が3トン
 
※日本養殖新聞、アクアカルチャー参照
 
 
■活鰻相場
 
4月に入ると値上がる
 
と、前回書きましたが、
 
4月を待たずに値上がりはじめました。
 
この先も・・・・・
 
 
中国産、台湾産共に値上がりしていて
 
来週は台湾のみ値上がり
 
 
 
■国産活鰻の池上げ価格(前年同期)

 
 
 
 
三河 
2.5P2250?    
3P2950?(3850)
4P3150?(4700)
5P3350?(5200)
 
 
 
九州 
 
3P2950?(3750)
4P3150?(4300)
5P3350?(4600)
 
 

 
来週は金曜日?土曜日
 
社員親睦旅行で長島温泉です。


2015年03月28日 | カテゴリー: うなぎ, ランニング, B級グルメ| コメント(2661)| トラックバック(0)

今日は節分ですが、あらためて節分の意味を考えてみた時に
ググってみました。
 
 
なるほど、明日から新しい一年が始まるんですね・・・・・・
 
正月、節分、旧正月
 
アジアには一年の始まりの日が多いこと(笑)
 
 
 
毎年2月のはじめに行われる
 
地元和歌山唯一ののフルマラソン「紀州口熊野マラソン」
 
5年ぶりに参加しました。
 
県外のマラソン大会も楽しいものですが
 
地元のレースでは知ってる人にしょっちゅう会うので
 
「よっ!」とか「おー!」とか、地元感満開。
 
あと、日帰りでいけるし、交通費安あがる。
 
これからは毎年参加しとこうと思います。
 
それに今回は、社員さんも一緒に参加なので
 
楽しさ倍増!!
 
工場長の上西さんと主任の廣部さんは初めてのフルマラソン
 
ドキドキだったろうと思います。
 
2015口熊野フルマラソンに社員さんと参加.jpg
 
自分の初めてのレースを思い出します。
 
途中で脱水状態になって目の前が真っ白になったことや
 
気持ちがヘタって歩いてしまったこと。
 
ほんまボロボロやったけど、彼らはちゃんと完走!!
 
廣部さんはまだ36才と若く、素質もあるので
 
あっちゅうまに追いぬかれてしまうやろと思います(T_T)
 
 2015-02-01 口熊野フルマラソン完走.jpg
 
今回のタイムは4時間4分
 
3週間後の東京マラソン、そのまた3週間後の横浜マラソンに
 
つなげていきたいと思います(笑)
 
 
 
そしてこのレースには毎年、マッチこと近藤真彦さんが一参加者として
 
参加されてまして、レース後トークショーしてました。
 
2015-02-01 口熊野マラソンマッチトークショー.jpg
 
いつもは4時間以上のタイムだったマッチ、今年は4時間切りを目指して参加して
 
みごと3時間54分でゴール。
 
 
 
■シラスウナギ
 
 
さて、シラスウナギ漁
 
その後もチンタラチンタラな漁模様で、大量だった昨年と比べると
 
現段階で80%
 
ただ12月豊漁1月は不漁と先細り的な感じなので、
 
この先どうなるやら・・・・・
 
池入れ価格も期待したほど下がらず、130?180万円/kgの推移。
 
高知にある、弊社直営養鰻場は現在池入れを進めています。
 
 
 
★12月輸入通関統計★
 
●活鰻輸入量
 
中国   420トン
 
平均価格(C&F)2282円/kg
 
 
台湾    128トン 
 
平均価格(C&F)2367円/kg
 
 
 
 
 
オーストラリア  304kg
 
平均価格(C&F)1201円/kg
 
 
 
 
 
 
●加工品輸入量
 
中国   585トン
 
平均価格(C&F)2368円/kg
 
台湾    22トン
 
平均価格(C&F)3118円/kg
 
 
 
 
★輸出通関統計★
 
●加工品
 
香港 136kg
 
シンガポール 50kg
 
レバノン 301kg
 
アメリカ 1760kg
 
 
 
■活鰻相場
 
相場かわらずも、活鰻は少ない。
 
育つスピードが全然上がらず、池揚げしてみても5?6Pが多く
 
全国的に細いサイズは売れにくいので、池に戻すことになる。
 
したがって各産地共に池揚げが少ない。
 
うちでも太いサイズが必要なのだが、全く足りていないので
 
夏の販売計画を慎重に見なおさなければいけないと思っています。
 
 
 
 
 
国産活鰻の池上げ価格(前年同期)

 
 
三河 新仔?ヒネ価格
2.5P2150?    
3P2850?(3750?)
4P3050?(4700?)
5P3250?(5200?)
 
 
 
九州 新仔?ヒネ価格
 
3P2850?2600(3550)
4P3050?2800(4300)
5P3250?3000(4700)
 


2015年02月03日 | カテゴリー: うなぎ, ランニング| コメント(1578)| トラックバック(0)

メリークリスマス!!
 
いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
 
あっというまのクリスマス、今年もあとわずかになってしまいました。
 
うなぎ業界、今年を振り返ってみると、
 
昨年末から引き続いて、シラスウナギ豊漁が続き、喜んでいたら
 
夏前、国際自然保護連合によって絶滅危惧種に指定され
 
そういうニュースの影響もあって、この夏はたくさんのお客さまに
 
うなぎを食べていただきました。
 
うなぎ業界としては、4年間原料不足で苦しい環境だったので
 
久しぶりに息をついた1年になりました。
 
そして、絶滅危惧種指定を受けて、シラスウナギの資源保護がはじまりました。
 
シラスウナギ漁のところは実態がつかみにくく管理できないということなのか
 
養鰻場の増設を制限し、池入れ量を割り当てるという方法なので
 
実効性は甚だ疑問です。
 
が、とりあえず動き出したということで、今後、実効性のある資源保護が実施されることを
 
期待しています。
 
こんなにも美味しいうなぎの蒲焼きを、未来に受け継いでいくには
 
資源の管理は当然だと思いますし、業界を上げて協力していくことが重要だと思います。
 
 
さて、そのシラスウナギ漁、15日から国内の主要な産地で解禁になり
 
台湾の不漁をよそに、日本国内各産地共に漁模様は好調
 
シーズン最初の闇夜の大潮12月22日をピークに一山出来まして
 
国内の池入れ量は2トンをこえただろうと言われています。
 
現在は少しずつ少なくなってきてますが、国内の漁は好漁を続けています。
 
どうやら不漁でうなぎ不足に逆戻りということは無さそうです。
 
 
 
★11月輸入通関統計★
 
●活鰻輸入量
 
中国   234トン
 
平均価格(C&F)2103円/kg
 
 
台湾    119トン 
 
平均価格(C&F)2029円/kg
 
 
フィリピン  309kg
 
平均価格(C&F)1531円/kg
 
 
オーストラリア  472kg
 
平均価格(C&F)1352円/kg
 
 
 
 
 
 
●加工品輸入量
 
中国   437トン
 
平均価格(C&F)2315円/kg
 
 
 
 
 
 
■活鰻相場
 
 
国内 保合
 
台湾 強め
 
中国 保合
 
 
 
国産活鰻の池上げ価格(前年同期)

 
 
三河 新仔?ヒネ価格
2.5P2150?    
3P2850?(3750?)
4P3050?(4700?)
5P3250?(5200?)
 
 
 
九州 新仔?ヒネ価格
 
3P2850?2600(3550)
4P3050?2800(4300)
5P3250?3000(4700)
 
 
 
 
 
 
台湾産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P2500(4150)
4P2600(5250)
5P2700(5600)
 
 
 
中国産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P2550(4300)
4P2650(5400)
5P2850(5700)
 
 
 
 
 
今年、仕事以外では趣味のマラソンがはじめてから5年になりまして
 
ようやく当初の目標の4時間切りを達成することができました。
 
2月に高知龍馬マラソンで、4時間を切りサブフォー達成
 
10月は四万十川100kmウルトラマラソンを13時間30分で完走して
 
ウルトラマンになりました。
 
もともとマラソンが大嫌いな僕でしたが、走り始めてすぐに
 
身体を動かして汗をかくことがものすごく気持ちいいことに目覚め
 
フルマラソンを完走出来たことで、自信がつき、どんどんはまっていきました。
 
今年はトレーニング時間も多くとれなかったのですが
 
2つの目標を達成できました。
 
来年、仕事の方はもちろんですが、趣味の方にも
 
新たな目標を持とうと思います。
 
ことしも一年このニュースレターをお読みいただき
 
本当にありがとうございました。また仕事上も大変お世話になりました。
 
来年もよろしくお願いします。
 
 
 
 
どうぞ良いお年を!!
 
 
 


2014年12月25日 | カテゴリー: うなぎ, ランニング, 会社で| コメント(2881)| トラックバック(0)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ブログプロフィール

川口水産の社長はこんな人。
1963年3月生まれ
干支:うさぎ
星座:牡羊座
動物キャラ:大きな志を持った猿
好きな数字:3と8
(趣味)
読書:司馬遼太郎ファン、特に「坂の上の雲」
身体を動かすこと:マラソンとゴルフ
旅行:20代半ばで、2年間海外を放浪(中近東、北アフリカ、ヨーロッパ、西アジア)
B級グルメ:美味しいものを求めて何処までも?
早寝早起き:10時に寝て5時に起きます。

川口水産プロフィール
川口水産は和歌山県の有田市で創業30年以上うなぎ一筋です。日本一おいしいうなぎを日本中の人にお届けすることを目差してます。
川口水産株式会社
〒649-0435 和歌山県有田市宮原町滝川原212
TEL:0737-88-5118
FAX:0737-88-5233