2017年3月
いやー

一年以上あいてしまいましたので今更な感じもしますが

今一度ブログ再開してみたいと思います。


うちの家の近所では菜の花が咲き乱れて、と言ってもまだ5分咲きです。

だからまだまだ寒い日々です。ランニングには手袋必需品ですし、事務所ではまだまだ

ストーブ炊いてます。

IMG_6931.JPG



うなぎ情報

現在の国内池入れ総量は17.7トン

これは順調に育てば来シーズンも供給量は心配しなくていい

ということで、一安心です。


続いて活鰻相場ですが

九州
    
3P2850 
4P3200 
5P3400 

三河
    
3P2750 
4P3200  
5P3400 


先月からは太物だけが上昇してます。

九州が200円アップ、三河と他の地域が100円アップです。

九州は元々太物が好まれる地域で、専門店でも太物が使われます。

最近では九州以外でも特に夏の土用丑近辺では全国的に太物が

好まれるようになってきました。

それに加えて、年々大きな波になってきていますふるさと納税

この返礼品のベスト3の中にうなぎが入っていて、需要はとても旺盛です。

この市場でも太物サイズは大人気。

先日行われた、うなぎ加工業社の定期的な集まり、全荷連加工部会定例会議でも

参加していた加工業社のほとんどがふるさと納税返礼品としての各自治体への

販売をおこなっており、その金額は右肩上がりで、今後もまだ伸びそうだ

と感じました。

中には、昨年一年間のうなぎの総消費量の10%がこのマーケットで消費されて

いるかもしれないという声もありましたが、ありえる数字だなと思いました。

 また、1月?3月の各加工業者の稼働状況は昨年並みもしくは昨年よりも

稼働できているという声が多かったが、原料事情から前年比40?50%

という声や、週2日程度の加工という声もありました。

弊社は昨年より多い目に加工していました。

そして今月からは夏に向かって本格的に動き出しています。





高知養鰻場では

今シーズンのしらすうなぎ池入れは今月初旬に無事完了しました。

来年の2月ぐらいから池揚げできるようにゆっくり育てたいと思います。








追伸:

今月はたこやきマラソンという10kmマラソンに妻と息子と3人で

参加してきました。走った後、関西から出店されていた20店舗の
 
たこやきを全て制覇して、満腹になって帰ってきました。

http://www.asahi.co.jp/marathon/

来月からはトライアスロン!楽しみです(^^)

でもこの冬は食い過ぎが激しく、体重やばいです^^;




2017年03月24日 | カテゴリー: うなぎ| コメント(0)| トラックバック(0)

ブログプロフィール

川口水産の社長はこんな人。
1963年3月生まれ
干支:うさぎ
星座:牡羊座
動物キャラ:大きな志を持った猿
好きな数字:3と8
(趣味)
読書:司馬遼太郎ファン、特に「坂の上の雲」
身体を動かすこと:マラソンとゴルフ
旅行:20代半ばで、2年間海外を放浪(中近東、北アフリカ、ヨーロッパ、西アジア)
B級グルメ:美味しいものを求めて何処までも?
早寝早起き:10時に寝て5時に起きます。

川口水産プロフィール
川口水産は和歌山県の有田市で創業30年以上うなぎ一筋です。日本一おいしいうなぎを日本中の人にお届けすることを目差してます。
川口水産株式会社
〒649-0435 和歌山県有田市宮原町滝川原212
TEL:0737-88-5118
FAX:0737-88-5233