2014年8月
今年の和歌山の8月は猛暑日がなかったらしい。
これは2009年以来とのこと。
っちゅうても涼しい夏やったという印象はなくて
とにかく湿度が高く、なんやら蒸し暑かったという印象が残ってます。
大阪は記録的冷夏だった1993年以来21年ぶりに猛暑日がなかった8月なのだそうです。
 
うなぎの売れ行きは気温はもちろんですが、実は湿度が大きく影響してるようです。
少なくとも弊社の店頭小売の傾向には湿度が影響しているようです。
湿度計の数字が高い時はたくさん売れるから準備しなきゃって
販売担当のスタッフさんが毎朝湿度計をチェックしています(^^)v
 
そういえば7月8月は週末はいつも天気が悪かったように思い調べてみると
 
週末だけに限って言うと、7月は土用の入りと土用丑直前、8月はお盆の最終日だけが晴れ
明日もどうやら曇りのち雨のようです。
決して曇りや雨が嫌いなわけではありません。
快適にジョギングできるのでむしろ好きなのですが
野菜などにはてきめん影響が出ているようで価格の高騰ぶりに
びっくりしています。
 
さて活鰻ですが、産地からの池揚げ出荷は少なく、今、うなぎ業界は「端境期」と言われてるほど
活鰻が少ない状態です。うちも活鰻が少ないので、今週はろくに稼働できませんでした。
ただ、ここ数年とは違い、活鰻価格は下げ基調なのがまだ救われます。
長いこと相場高で苦しんできたうなぎ業界、加工場も専門店も水中で酸欠状態だったのが
今年ようやく水面に顔を出して一息つけます。
 
現時点で、単年養殖組が多い三河と宮崎はいつの間にかほぼ半分出荷完了とのこと。
9月半ばになれば各産地共に出荷が増えてくるとのことですが、お客さまからの注文は
頂いてますので日々、できるだけ仕入れて生産しています。
 
 
 
★7月輸入通関統計★
 
●活鰻輸入量
 
中国   627トン
 
平均価格(C&F)3223円/kg
 
 
台湾   153トン 
 
平均価格(C&F)3131円/kg
 
 
フランス  1.4トン
 
平均価格(C&F)2735円/kg
 
 
スペイン  19トン
 
平均価格(C&F)1875円/kg
 
 
モロッコ  2.8トン
 
平均価格(C&F)2138円/kg
 
 
 
 
●加工品輸入量
 
中国  1210トン
 
平均価格(C&F)2266円/kg
 
 
台湾   1.2トン
 
平均価格(C&F)3819円/kg
 
 
インドネシア   640kg
 
平均価格(C&F)3698円/kg
 
 
 
輸出
 
台湾  2157kg
 
平均価格(C&F)30817円/kg
 
 
香港    190kg
 
平均価格(C&F)44737円/kg
 
 
 
 
★注目は加工品輸出
 
アジア方面に約1トン
アメリカに350kg
 
前年同月からは倍増!!
 
 
これ、鶏のムネ肉をたたきっぽくして、タレに漬け込んで数日冷凍保存した
ものなんですが、まるでまぐろのような見た目で、めっちゃ美味しい
鶏むね肉のヅケ丼です。
 
 
20140828 ムネヅケ丼.jpg
 
食べた感じも、あの安いムネ肉とは思えない食感。
鶏屋さんも絶賛のお味でした。
 
鶏のムネ肉にはイミダゾールジペプチドという疲労回復物質が
多く含まれているということで、どうやったら美味しく食べられるのか
鶏屋さんで聞いてみると「ムネ肉は生が一番美味しいよ」とのこと。
そこで、さっと湯通しして漬け丼にしたり、
ポン酢をつけてたたき風にしたりしていただきました。
 
2014-08-27 ムネたたき.jpg
 
 
これはめっちゃ美味しいです。
そして嬉しい効果
 
そして安い!!
 
100kmマラソン前は試しにやってみよう!!
 
 
 
 

 
 
■池揚げ価格 
 
 
国産活鰻の池上げ価格(前年同期)
 
三河 新仔?ヒネ価格
2.5P2750?2650     
3P3650?3550(3750?)
4P3850?3650(4700?)
5P3900?3700(5200?)
 
 
 
九州 新仔?ヒネ価格
 
3P3550?3300(3550)
4P3750?3500(4300)
5P3800?3550(4700)
 
 
 
 
 
 
台湾産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
相対
3P3500(3850)
4P3550(5050)
5P3650(5450)
 
 
 
中国産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P3500(3700)
4P3550(5000)
5P3600(5550)
 


2014年08月30日 | カテゴリー: うなぎ, B級グルメ| コメント(1687)| トラックバック(0)

お盆が明けて、いよいよ秋という雰囲気です。
 
晴れた日の雲はうろこ雲が見られるようになりましたが
 
最近やたらと雨が多く、晴れた時は新鮮な感じがします。
 
スーパーの売り場には秋刀魚や松茸が幅をきかせるようになり
 
うなぎの消費量も一気に落ちるのが今のきせつなのですが
 
今年は今も多くの注文をいただき、逆に活鰻の産地での
 
出荷は少なく、ここに来て夏前にもなかったぐらい品不足に陥っております。。。
 
特に大きいサイズは皆無で、3P以上がかなり品薄状態です。
 
まさかこの時期にここまで品薄になるとは想像もしていませんでした。
 
原因は養殖の密度が高く、そのための生育遅れが一番大きいく
 
ここ最近の天候不順もかなり影響しているのではと思います。
 
各産地共に潤沢に活鰻が池上げされてくるのは来月の半ばから末
 
というふうに聞いてまして、大きいサイズはさらに一ヶ月後とか・・・・・
 
なんという遅れよう(汗)
 
後3ヶ月もしたら新たなシラスウナギのシーズンが始まるっちゅうのに。
 
今更ですが今年の6月、うなぎが絶滅危惧種に指定されました。
 
それ以来、連日の「うなぎが食べられなくなるかも」という報道で多くの人が、
 
今のうちに食べておかなくてはという思いに駆られ、土用丑の日には
 
例年以上に多くのお客さんがうなぎ屋さんに足を運んだようです。
 
それだけうなぎは日本国民に愛されている食材なのです。
 
うなぎを100年後も食べ続けられるようにするには
 
今私達はなにが出来るのか?
 
真剣に考えて行動をはじめなければ、本当に近い将来、
 
食べられなくなってしまうという危機感を今、ひしひしと感じているところです。
 
 
  
 
最近和歌山にインドカレーのお店が増えました。和歌山に限らず
 
インドカレーのお店は全国あっちこっちで増えていると思います。
 
そして目につくのは興味を持っているからなのでしょう。
 
いや、一般的にもカレーの注目度は上がってるように思います。
 
グルメ雑誌でもカレー屋さんの特集されたりしてますし
 
そんなの見てるとさらに興味が湧いてきます。
 
 
見てるとカレーのイメージが昔とめっちゃ変わってます。
 
ラーメンと同じようカレーもものすごく進化してるようです。
 
2014-08-17 ネパールカレー.jpg
 
最近どんどん辛いのが好きになり、昔は辛くて泣きそうになりながら食べてた
 
インドカレーも今は汗かきながらもにこやかに頂いてます。
 
昔からインドカレーを食べると胃や腸の調子もいいようなので
 
ちょくちょくいただいてます。
 
今月に入って食生活は通常にもどって、ガンガン美味しいものを頂いてます。
 
先日大阪の鶴橋で韓国料理を食べに行った際、こんなキムチを発見しました。

2014-08-20 トマトキムチ.jpg
 
なんと、トマトのキムチです。
 
鶴橋の商店街を歩いているといろんなキムチと出会いますが
 
トマトははじめてでした。
 
赤に赤なのでインパクトも強烈です。
 
味はトマトにキムチ味のソースがかかってる感じでした。
 
 話は変わって僕はラーメンが大好きです。
 
有田には割烹からラーメン屋に業態を変えてできたラーメン屋さんがあります。
 
 
割烹をやってる頃から尋常じゃない凝り性で
 
洋食、和食、中華、イタリアンとオールラウンドな料理が食べれて
 
とっても繁盛してたお店でした。
 
今はラーメン専門店としてとっても繁盛してます。
 
食べログのラーメンランキング6位というのも効いてるのでしょうが
 
あきらかに地元じゃないお客さんでしょっちゅう行列ができてるとのこと。
 
最近は客席の一部を潰して、製麺室にしてしまったという凝りようを聞いて
 
久しぶりに食べに行ってきました。

2014-08-23 清乃黒醤油つけ麺.jpg
 
 
黒醤油つけ麺
 
原材料としては最高級のものを使用しているらしく
 
一見そばのような見た目のつけ麺用の麺と
 
醤油の効いたつけ汁はかなり自然な感じですが個性的な味でもあります。
 
しかし、ここのお店どこまで変わっていくのか
 
定期的に食べに来てみようと思います。
 
 
 
 
■池揚げ価格 
 
 
国産活鰻の池上げ価格(前年同期)
 
三河 新仔?ヒネ価格
2.5P2750?2650     
3P3650?3550(3750?)
4P3850?3650(4700?)
5P3900?3700(5200?)
 
 
 
九州 新仔?ヒネ価格
 
3P3550?3300(3550)
4P3750?3500(4300)
5P3800?3550(4700)
 
 
 
 
 
 
台湾産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
相対
3P3500(3850)
4P3600(5050)
5P3850(5450)
 
 
 
中国産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P3600(3700)
4P3700(5000)
5P3800(5550)


2014年08月23日 | カテゴリー: うなぎ, 有田で, B級グルメ| コメント(1115)| トラックバック(0)

台風一過、凄まじい雨と風で有田市では道路やミカン畑が一部浸水しました。
 
建物なんかも、通常なら目立たなかったちょっとした隙間からも雨が侵入してきて
 
げー、こんなとこから雨が侵入してくるんや!!というのが判ってしまって
 
築2年のうちの建物も一部雨が侵入してきて、今日さっそく修理して頂いてます。
 
僕がいつも通っているジムはかなりの老朽建築物で、2階の壁面から浸水して、
 
ジムのスペースの3分の1?半分近くまで床のカーペットが水浸し。。。
 
スタッフのおねーさんはモップと扇風機で一生懸命カーペットの脱水作業をしながら
 
「いつもは畳3枚分ぐらいで済むんですが、こんなにひどいのははじめてです」
 
って、いつも漏ってるということね、気が付かなかった(笑)
 
以前は上からも漏ってて、漫画みたいにバケツを受けてました^^;
 
さすがに上からの雨漏りは塞いだようですが、横からのちょっとしたスキマは
 
塞いでなかったようです。
 
当然ですが、有田市の花火大会は中止
 
2日と9日、地元の花火大会は2週連続中止になりました。
 
用意されてた花火はいったいどうなるのか気になるところです。
 
高知の養鰻場でもハウスの一部が破損するなどの若干の被害が出ています。
 
が、ちょうどハウスの張り替え時でもあったので、この際つながってる棟は
 
スッキリ張り替えることにしました。
 
他にも高知の養鰻場の一部にハウスを飛ばされる等の被害が出ているようです。
 
台風通過直後に予定されていたよさこい祭りには間に合ったようで
 
予定通り開催されてるとのことです(^^)v
 
うちの養鰻場はうなぎへの影響も最小限で、ちゃんと餌を食べてるとの報告で一安心しました。
 
 
国内各産地とも、お盆前ということもあって、池揚げは少ないです。
 
 
土用丑後、久しぶりの高知入り
 
今回は全行程車で行ってきました。
 
到着が夕方になってしまったので、養鰻場へは翌朝行くことにして
 
ひろめ市場へ直行!!
 
道中食べたい食べたいと思いながらきたこれら
 
2014-08-05 高知の餃子.jpg
 
揚げ餃子と
 
2014-08-05 高知 鰹塩たたきといたどり.jpg
 
 
塩たたきとイタドリはイタメシ屋さんに持ち込んでいただきました。
 
ちゃんと看板に「ご自由にお持ち込みください」ってかいてありましたので(笑)
 
ホテルまでの帰り道を歩いてますと、前から気になっていた徳島ラーメンの店で
 
締めて帰りました。でもこれは選択を誤った・・・・・・
 
次回から気合をいれて高知のラーメンを探求しようっと。
 
 
 
 
■池揚げ価格 
 
 
変わらず。
 
 
 
 
国産活鰻の池上げ価格(前年同期)
 
三河 新仔?ヒネ価格
2.5P2850?2750     
3P3750?3650(3750?)
4P4000?3800(4700?)
5P4000?3800(5200?)
 
 
 
九州 新仔?ヒネ価格
 
3P3600?3400(3550)
4P3850?3750(4300)
5P3850?3750(4700)
 
 
 
 
 
 
台湾産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
相対
3P3500(3850)
4P3600(5050)
5P3850(5450)
 
 
 
中国産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P3700(3700)
4P3750(5000)
5P3900(5550)
 
 
 
 
★6月輸入通関統計★
 
●活鰻輸入量
 
中国   203トン
 
平均価格(C&F)3291円/kg
 
 
台湾    59トン 
 
平均価格(C&F)3214円/kg
 
 
フランス  5.8トン
 
平均価格(C&F)2178円/kg
 
 
スペイン 6.4トン
 
平均価格(C&F)1997円/kg
 
 
 
 
 
 
 
●加工品輸入量
 
中国  1014トン
 
平均価格(C&F)2433円/kg
 
 
台湾   0
 
 
 
 
インドネシア   29トン
 
平均価格(C&F)3571円/kg
 
 
 
輸出
 
台湾  9319kg
 
平均価格(C&F)14651円/kg
 
 
香港   3533kg
 
平均価格(C&F)23153円/kg
 
 


2014年08月12日 | カテゴリー: うなぎ, B級グルメ| コメント(1217)| トラックバック(0)

年に一度のうなぎの一大イベント
 
夏の土用丑の日が終わって4日、
 
今年の土用丑の日もたくさんのお客さまにお取り扱いいただきまして、
 
また、お買い上げいただきまして本当にありがとうございました。
 
今年は冬から初夏にかけて、うなぎが少なく、新仔の生育も遅れに遅れ
 
当初6月には新仔の池揚げラッシュで供給過多になると言われていたものが
 
それなりに池揚げは増えたものの最終的には需給バランスがとれた状態が続いた。
 
活鰻の市況はこんなかんじでした。
 
今年は、全国的な梅雨明け、好天、連日のうなぎ関連ニュースなどで
 
メディアへの露出が多かったことも手伝ってか
 
うなぎ関連の商いはどこも好調のようで、前年比110?130%という数字が
 
専門誌の紙面にでています。
 
ある活鰻問屋さんのブログでは昨年よりも販売数量が少なかったと書かれたりもしてますが
 
弊社の方はおかげさまで、前年よりもたくさんのご注文をいただきまして、
 
この2ヶ月間、連日の超フル稼働状態でした。
 
そんな中で、毎日残業弁当を食べながら共にがんばってくれた
 
弊社の社員さんに心から感謝しています。
 
 
ありがとうございます!!
 
 
この7月出荷量は大きく増えながら、クレームの数は半分以下になりました。
 
常にクレームゼロを目指してはいますが、7月のクレーム半減は
 
本当に嬉しいです。
 
今後もクレームゼロを目指して頑張っていきます。
 
ちなみに、クレームゼロはずっと追いかけ続けていますが
 
最近は年に数ヶ月、ゼロという月もでてきました(^^)
 
 
 
 
 
 
 
 
■池揚げ価格 
 
 
国産、下げ。
 

 
今年も恒例の土用丑の日だけの店頭炭火焼をさせていただきました。
 
 
 
2014-07-29 土用丑の日店頭販売.jpg
 
本当にたくさんのお客さまがわざわざ買いに来て下さり、
 
嬉しい悲鳴で、一日中途切れることなく焼き続け、締めてみると
 
ほぼ、昨年の1.5倍ほど買っていただいてました。
 
買いに来ていただいたみなさま、本当にありがとうございました。
 
中には京都からわざわざ来てくれた方もいらっしいまして、
 
その場でうな丼にして食べていかれました(^^)
 
一番近くのスーパーマーケットの売り場はこんなかんじで
 
鮮魚売り場はうなぎ一色
 
2014-07-29 土用丑の日スーパーの売り場.jpg
 
やっぱり土用丑の日はほとんどの人がうなぎを食べてくれてるんだと
 
あらためて関心しました。
 
100年先もうなぎを食べ続けられるようにしなければと身が引き締まります。
 
 
さて、禁酒、断食もおわって土用丑の日当日のディナー
 
2014-07-29 土用丑の日ディナー.jpg
 
2014-07-29 土用丑の日ディナー2.jpg
 
今年は缶入りのハイボールを2缶と炭火焼きの特大うなぎを1尾
 
普通にうな丼にしていただきました。
 
葱は彩りがきれいになるのと、うなぎの薬味として非常に合うと思っているので
 
よく使います。
 
前日まで断食の復食期間だったこともあり、お酒も控えめ
 
というか、十分でした。
 
昨日一昨日はもう通常通り食べて飲んで、完全復活!!
 
この間に体重は3kgほど落ちて58kg台に突入しまして
 
通常の食生活に戻って体重も若干戻りつつありますが
 
ランナー的にはやはり50kg台をキープしたいところです。
 
 
 
さあ、仕事も趣味のマラソンも秋?来シーズンに向かってスタートです。



 
 
国産活鰻の池上げ価格(前年同期)
 
三河 新仔?ヒネ価格
2.5P2850?2750     
3P3750?3650(3650?)
4P4000?3800(4600?)
5P4000?3800(5100?)
 
 
 
九州 新仔?ヒネ価格
 
3P3600?3400(3450)
4P3850?3750(4200)
5P3850?3750(4600)
 
 
 
 
 
 
台湾産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
相対
3P3500(3150)
4P3600(4000)
5P3850(4500)
 
 
 
中国産活鰻の商社出し値(前年同期)
 
3P3700(3250)
4P3750(4300)
5P3900(4950)
 
 
  
 


2014年08月02日 | カテゴリー: うなぎ, 社内| コメント(1940)| トラックバック(0)

ブログプロフィール

川口水産の社長はこんな人。
1963年3月生まれ
干支:うさぎ
星座:牡羊座
動物キャラ:大きな志を持った猿
好きな数字:3と8
(趣味)
読書:司馬遼太郎ファン、特に「坂の上の雲」
身体を動かすこと:マラソンとゴルフ
旅行:20代半ばで、2年間海外を放浪(中近東、北アフリカ、ヨーロッパ、西アジア)
B級グルメ:美味しいものを求めて何処までも?
早寝早起き:10時に寝て5時に起きます。

川口水産プロフィール
川口水産は和歌山県の有田市で創業30年以上うなぎ一筋です。日本一おいしいうなぎを日本中の人にお届けすることを目差してます。
川口水産株式会社
〒649-0435 和歌山県有田市宮原町滝川原212
TEL:0737-88-5118
FAX:0737-88-5233