2013年12月
まもなく2013年が終わり、新たな年をむかえようとしています。
 
今年は川口水産にとって非常に厳しい年でした。
 
4年連続のシラスウナギ不漁からの活鰻価格高騰と
 
うなぎ不足から、特に秋以降
 
うなぎ業界全体に厳しい状況が続いています。
 
今シーズンは今のところ海外でシラスウナギが豊漁
 
海外同様、国内でも豊漁になってくれればと願ってじます。
 
とにかく今年一年はうなぎの有り難みが骨身にしみました。
 
来年もどうかよろしくお願いいたします。
 

 
 ファラフェル再び
 
フードプロセッサーも購入して、完璧なはラフェル作りを目指して始動しました(笑)
 
2013-12-28 自作ファラフェル.jpg
 
ネット上のレシピどおりにやってるけど
 
つなぎを入れてないのでか、どうも結着が弱い
 
あ、もっとペースト状になるまで滑らかにしないといけないようですな。
 
今回も最後はつなぎを入れて油で揚げましたが
 
火加減ももっと弱くしないと中が半生
 
ニンニクを結構つかうので、ちゃんと火を通さないと
 
あとで自分の息がニンニク臭いのがわかるほど・・・・・・。
 
それにやっぱりコリアンダーの葉が要る。
 
パセリでは色は出ても香りがイマイチだった。
 
でも近くにコリアンダーの葉を売ってるところがない。。。
 
パクチーもコリアンダーもネットでパクチーをググってみると
 
 
おー!なんと、パクチー料理専門店なるものが存在しているではないか
 
 
 
■うなぎ業界情報
 
 
シラスウナギ国内池入れ量
 
12月の池入れ量は6000kgを超えそうです。
 
大産地の池入れ量は概ね
 
宮崎 1500kg
 
鹿児島 2000kg
 
愛知 1600kg
 
プラスαということです。
 
大半が輸入物ですがこれは近年にない池入れ量です。
 
国内のシラスウナギ漁は順調に推移しているとは言えないようで
 
累計採捕量は250kg程度とのこと。
 
 
 
中国は4650kg
 
台湾は4600kg
 
とのこと。
 
正月の大潮が楽しみです。
 
 
 
 
★11月輸入通関統計★
 
活鰻輸入量
 
中国   196トン
 
平均価格(C&F)4129円/kg
 
 
台湾    12トン 
 
平均価格(C&F)3969円/kg
 
 
フランス  103トン
 
平均価格(C&F)2984円/kg
 
 
カナダ     1トン
 
平均価格(C&F)2002円/kg
 
 
USA    2.5トン
 
平均価格(C&F)1546円/kg
 
 
インドネシア   1トン
 
平均価格(C&F)2254円/kg
 
 
オーストラリア 422kg
 
平均価格(C&F)1400円/kg
 
 
フィリピン    106kg(たぶんクロコ)
 
平均価格(C&F)12547円/kg
 
 
 
 
加工品輸入量
 
中国   407トン
 
平均価格(C&F)2908円/kg
 
 
 
 
 
 
シラスウナギ
 
香港     538kg 
 
平均価格(C&F)279万円/kg
 
 
 
インドネシア   429kg
 
平均価格(C&F)7669円/kg
 
 
フィリピン    739kg
 
平均価格(C&F)12360円/kg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■活鰻相場動向
 
 
 
先週の値動き............
 
国内 →→→横ばい
 
中国 →→→横ばい
 
台湾 →→→横ばい
 
..............................
 
  
良いお年を!!
 


2013年12月29日 | カテゴリー: うなぎ, B級グルメ| コメント(986)| トラックバック(0)

シラスウナギ豊漁の情報が何より嬉しい毎日です。
 
このまま国内のシラスウナギ漁も豊漁でありますように(T人T)
 
 
さて、高知龍馬マラソン(フル)まであと57日となりました。
 
そろそろエンジンかけて行かなくちゃです。
 
 
 先日妻が図書館で、マラソン好きな僕にこんな本を借りて来てくれました。
 
2013-12-19 マラソンジャンキー本.jpg
 
この人、ため息が出るほど羨ましい行動力で
 
生まれてから35年間運動嫌いでインドア派だったとのことですが
 
走り始めたと思ったら、たった4年で、
 
フルマラソンはもとよりウルトラマラソンや
 
トレイルマラソン、100マイルトレイルの富士山やモンブラン
 
トライアスロン、北極フルマラソン、南極100kmマラソン、
 
サハラ、ゴビ、アタカマ砂漠の250kmマラソン、東京ー新潟520km
 
ジャングルマラソンやトライアスロンのロングディスタンスまで
 
やりまくってる。。。
 
この本読んでると、なんて行動力ないんだオレ。
 
ちんたらしてる場合じゃない、オレだってまだまだいけるぞ!!
 
って気にさせてくれます。
 
 
以下、ブログからの抜粋
 
 

ただ、その時々にココロの羅針盤に従い

「ちょっと、オモシロそう、やってみたい」

なコトにチャレンジし続けた結果なのだ。

 

 やってみたら、運動は苦手でも、メンタルが重要なランは

意外な自分に向いていて、より自分の良い部分を引き出せると

気づくことができた。

 

そして、

「やるからには、徹底的にやり通す」

 

中途半端にやってしまうと、ケガも小さくすむかわりに

得られるモノも小さくなりがちだ。

コケる時は大コケかもしれないけど、

「なにそんなに真剣になっちゃってんの」とバカにされるかもしれないけど、

「ほーれ、そんなの、いきなりデキるワケないに決まってたんだよ」と否定されるかもだけど、

やるなら、全力でチャレンジすれば、

たとえ失敗に終わっても、得るものが大きい。

そして、達成出来た時の、喜びたるや。かけがえのないものだ。

 

最初は、小さなチャレンジだったとしても、

続けて、積み重ねていけば、必ず大きなチャレンジへと繋がっていくのだ。

そうしていたら、自分が「まさか」と思っていた所だって

いつか辿り着くことができる。

もしかしたら、全く自分が意識してなかった未来へと

自ら進んでいくことができる。

 

誰しも、限られた時間。

その中で、せっかくならば、

思いっきり、やりたいコトにチャレンジして生きねば。

知らなかった世界に、どんどん触れていきたい。

思いもしなかった未来に、自分に、出会ってみたい。

そんな未来ならば、どんなにオモシロく、素敵なことか。

いつ終わってしまうとも分からなくたって、素晴らしい人生じゃないか。

 

だから、走るのだ。と思う。

 

これは、別にランに限ったコトではなく、

仕事はもちろん、生き方そのものにも共通することだと思う。

 

そして何より大事なのは、

自分で、自分の未来をオモシロく創っていくチャンスは、

全ての、どんな人にも、常日頃から転がっている、ということ。

キッカケなんて、その辺にゴロゴロあるのだ。

 

けれど、そのチャンスは

「やってみよう」と

実際にチャレンジした者にしか、与えられない。

 

だから、まずは、アクションしてみればよいのだ。

難しいコトなんて、なにもないのだ。

 

「自分なんかに、できるのか?」

じゃなく

「自分は、やりたいのか?」

やってみたいのなら、まずはチャレンジしてみればいいのだ。

 

 

だって、まったく運動とは無縁で35年間も過ごしてきて

お世辞にも運動の技能は劣っている僕が

ランの世界で、こんなにもオモシロイ体験を手にして

知らない自分に出会う喜びにあふれた人生に出逢えたんだ。

 

走ってみたら、

「長距離ランは、技能より、メンタル。コツコツ努力が、必ず報われる」

という、実はボクにはピッタリの要素に詰まっていたコトに気がつけただけなのだ。

 

決して、特別な人の話でも何でもないのだ。

ランに限らず、チャレンジしてみれば

新たな自分を知れて、よりオモシロい未来に近づきやすくなるだけの事なのだ。

 

 
 
この本も読んでほしいですが、ブログも是非読んでみてください。
 
 
 
 
 
 
さて、とっても有名なお弁当です。
 
左上のたけのこがやたら美味しかったです。
 
 
2013-12-19 有名焼売弁当.jpg
 
 
ごちそうさまでした。





 
 
■うなぎ業界情報
 
 
シラスウナギ国内池入れ量3600kg超え
 
この調子で行けば12月の池入れ量は2010年並みに届きそうな感じです。
 
来年の夏の土用丑の日は7月29日と遅いので、
 
専門店の夏の需要のピークに新仔うなぎが間に合う
 
ということはどうやら確実なようです。
 
ただ、需給のバランスは大きく崩れないと思いますので、
 
相場の下げは8月に入ってからではないかと予想しています。
 
 
 今日から高知県、鹿児島県でシラスウナギ漁が解禁になりました。
 
鹿児島はさておき、高知県は日本最大のシラスウナギの産地です。
 
来週末から、潮もよくなってきますので
 
大いに期待しています。
 
一昨年のように最初だけ採れてあとさっぱりということもあるので
 
不安はありますが、利根川昨年5kg→60kgや
 
浜名湖では2000尾→4?5kgと
 
昨年の10倍採れている情報もありますが
 
採捕量国内トータルは昨年と大きく変わらずです。
 
中国、台湾のシラスウナギ漁は両国とも順調に採れ続けています。
 
ちなみに過去5年の国内の12月の池入れ量と
 
シーズントータル池入れ量推移は以下のとおりです。
 
 
2012年  640kg  12トン
 
2011年 2246kg  15トン
 
2010年 5263kg  20トン
 
2009年 1266kg  19トン
 
2008年 10787kg 30トン
 
 
 
 
 
 
 
■活鰻相場動向
 
 
 
先週の値動き............
 
国内 →→→横ばい
 
中国 →→→横ばい
 
台湾 →→→横ばい
 
..............................
 


2013年12月21日 | カテゴリー: うなぎ, ランニング, 感動!!, B級グルメ| コメント(788)| トラックバック(0)

2週間ぶりでございます。
 
前回は「飲食を慎む」ということを勉強しました。
 
さてこの15日のうち、晩ご飯を外食したのが8日
 
当然、お酒を飲みながらの食事ということになります。
 
で、あとの7日はおうちで晩ご飯でした。
 
晩酌なしの晩ご飯は一瞬で終わりますので、ジムに行ったり
 
本を読んだりしてすごしますが、読書がやたらとはかどります。
 
うちの工場長は酒を飲んでも読書ははかどるんだそうですが、
 
僕は酒を飲んで本に向かうと全くはかどりません。
 
すぐに眠たくなって寝てしまいます。
 
いままでは「週に1日休肝日を作る」でしたが
 
先月から「仕事や友人との外食やパーティーの時だけ楽しく飲む」
 
に、お酒との付き合い方を変えました。
 
この生活を続けて3ヶ月たった頃が、ちょうど年一回の人間ドックの時期なので
 
去年からの体の変化が楽しみです。
 
だからというわけではありませんが、これ買いました。
 
 2013-12-10 ノンフライヤー.jpg

ノンフライヤ??!
 
さっそく唐揚げをしてみました。
 
ちょっと音がうるさいのと図体がでかいのが気になるところですが
 
料理の仕上がりは抜群です。
 
油を使わないので当然ですが、食べた時に油の味や食感がない。
 
そして外側はサクッとしていて、中身のジューシーさというか柔らかさは」
 
ちょっと今までにない感じです。
 
とにかくイロイロやってみるのが楽しみになってきました。
 
 
 
 
あっ、忘れてた!うなぎの骨せんべいやってみないとw
 
 
 ついに!ついに!作りました。
 
ファラフェル!!
 
 2013-12-15 初ファラフェル自作.jpg
 
28年前の、初めての海外旅行イスラエルで食べて以来
 
日本では京都、東京に専門店ができて、機会をみては
 
度々食べに行ってます。
 
中身はひよこ豆のコロッケです。
 
ふとした機会に、自分で作れないかと調べてみると
 
意外と簡単に作れそうなことを発見しました。
 
タヒニソースも案外簡単そうなのでつくってみました。
 
出来上がり!!あまりにも嬉しくて、お腹が減ってたこともあって
 
写真を撮る余裕もなく、みんなでがっついてしまいましたw
 
よし、これでいつでも作れる。
 
 
 
フードプロセッサーを買わなくちゃ(^^♪
 
 
■うなぎ業界情報
 
 
シラスウナギ漁は台湾で豊漁が続いています。
 
すでに3トン以上が採れているとのこと。
 
中国もボチボチ採れてましたが、昨晩300kgを超える採捕量があったそうです。
 
で、肝心の国内ですが、今のところパッとしないようです。
 
国内は今週末21日から全国的にシラスウナギ漁が解禁になります。
 
うちの養鰻場がある高知県も21日から解禁です。
 
海外同様豊漁になることを願っております(T人T)
 
海外でのシラスウナギ豊漁の情報は各方面の皆さまにも
 
伝わっているようで、「豊漁らしいね!」という声をよくかけていただきます。
 
まだまだ海外での話だし、肝心のこれからの国内シラスウナギ漁はまだまだ。
 
 そして、国内のシラスウナギ漁が豊漁であっても、それらの成鰻が市場に出てくるのは
 
来年の秋以降であることを忘れてはいけません。
 
来年の夏までは、今の、うなぎが少ない状況はなんら変わることがなく
 
したがって、相場が下落する要素は全くありません。
 
 
 
 
■活鰻相場動向
 
 
 
先週の値動き............
 
国内 →→→横ばい
 
中国 →→→横ばい
 
台湾 →→→横ばい
 
..............................
 
 
 
 
 
 
 

 


2013年12月16日 | カテゴリー: うなぎ, B級グルメ| コメント(1777)| トラックバック(0)

先週、今週と2週連続で学校のトイレ掃除に行ってきました。
 
今週は僕の母校の宮原小学校で、先週は松下幸之助さんの母校の和佐小学校でした。
 
和佐小学校にはこのように松下幸之助さんの写真と直筆の書がかけられてありました。
 
2013-11-23 和佐小学校 松下翁出身校.jpg
 
左のは詩で、サミュエル・ウルマンの青春に似ています。
 
こう書かれていました。
 
 
青春
 
青春とは心の若さである
信念と希望にあふれ勇気にみちて
日に新たに活動をつづけるかぎり
青春は永遠に
その人のものである
 
            松下幸之助
 
 
 
 
そしてこういう言葉が?タニサケさんの社内報に同梱されてきました。
 
?タニサケの社内報は社外の方が圧倒的に部数が多く発行されている
 
確か社員さんが30名弱で発行部数が3000部以上だったと記憶しています。
 
 
年1500円で毎月欠かさず、このようなおまけをつけて送ってくれます。
 
 2013-11-25 水野南北の言葉.jpg
 
 
これは初めて聞きました。
 
水野南北をググってみると
 
 
一言でいえば、
 
飲食を慎むことによって運気が開け財をなし
 
健康で長生きすることができるということです。
 
飲食を慎むことは健康にはきっといいはず
 
ということはということは理解していましたが
 
まさか運気に影響を与えているとは思いもよらなかった。。。
 
でも、こう言われてみればわかるような気もする。
 
 
食を慎まなければ・・・・・・
 
 
 
粗食というイメージではありませんが
 
20種類以上入った野菜サラダはよしとするかな。
 
近所でよく行く居酒屋さん「しんまち」の看板メニュー
 
といってもメニューには単純な野菜サラダは載ってないので
 
特別に作ってもらってるのですがw(スミマセン)
 
 2013-11-30 しんまちサラダ.jpg
 
水野南北さんは主食は麦で一汁一菜、
 
大好きな酒は一日一合のみという生活を50歳から78歳で亡くなるまで
 
続けたというから驚きです。
 
全く真似はできないけど、方向はそっちを向いてる感じです。
 
先月から、家では酒を飲まないことにしていまして、
 
といっても外食する日の方が多いのですが、
 
家にいるときは時間を有効に使えているなあと少し実感しています。
 
なかなかいい感じなので、このまま続けて習慣化してしまうつもりです(^^)
 
 
 
 
タニサケさん、背中を押してくれてありがとうございますm(__)m
 
 
 
 
 
■うなぎ業界情報
 
 
台湾でのシラスウナギ漁が好調のようです。
 
昨日も300kgオーバーとかで、11月一ヶ月での総採捕量は
 
2?3トンを超えているとも言われています。
 
一方、今日から始まった国内の漁は台湾のように豊漁とはいかないようです。
 
国内で今日から始まったのは、宮崎、茨城、千葉だけで、
 
他の県は12月中旬以降からのスタートなので
 
まだまだこれからですが、中国も今ひとつとのこと。
 
中国での漁と国内の漁はほぼ同じ時期からスタートするらしいので
 
国内も豊漁に違いないという予想が、案外そうでもないかもしれない。
 
豊漁であることを期待しますが、自然が相手なのでこれはどうなるかわからない。
 
もし、国内も豊漁であったとしても、大きな流れ的には
 
不漁傾向であるということを忘れないようにしなければいけない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★10月輸入通関統計★
 
活鰻輸入量
 
中国   126トン
 
平均価格(C&F)3912円/kg
 
 
台湾    15トン 
 
平均価格(C&F)4163円/kg
 
 
フランス     15トン
 
平均価格(C&F)2984円/kg
 
 
カナダ       4トン
 
平均価格(C&F)2002円/kg
 
 
USA      3.5トン
 
平均価格(C&F)1546円/kg
 
 
 
 
 
 
加工品輸入量
 
中国   412トン
 
平均価格(C&F)2626円/kg
 
 
 
 
 
 
 
シラスウナギ
 
台湾     495kg 
 
平均価格(C&F)1万円/kg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■活鰻相場動向
 
 
 
先週の値動き............
 
国内 →→→横ばい
 
中国 →→→横ばい
 
台湾 →→→横ばい
 
..............................
 
 
 


2013年12月01日 | カテゴリー: うなぎ, 深い?| コメント(1323)| トラックバック(0)

ブログプロフィール

川口水産の社長はこんな人。
1963年3月生まれ
干支:うさぎ
星座:牡羊座
動物キャラ:大きな志を持った猿
好きな数字:3と8
(趣味)
読書:司馬遼太郎ファン、特に「坂の上の雲」
身体を動かすこと:マラソンとゴルフ
旅行:20代半ばで、2年間海外を放浪(中近東、北アフリカ、ヨーロッパ、西アジア)
B級グルメ:美味しいものを求めて何処までも?
早寝早起き:10時に寝て5時に起きます。

川口水産プロフィール
川口水産は和歌山県の有田市で創業30年以上うなぎ一筋です。日本一おいしいうなぎを日本中の人にお届けすることを目差してます。
川口水産株式会社
〒649-0435 和歌山県有田市宮原町滝川原212
TEL:0737-88-5118
FAX:0737-88-5233