2012年6月
ちょっと遅れましたが、東京にいる娘から自作の父の日カードが届きました。
 
父の日カード2012(茜より).jpg
 
中学校から親元をはなれ、現在大学生の彼女は
 
誕生日や父の日には必ず自作のポストカードを送ってくれます。
 
この裏にはメッセージがびっしり書かれてまして、
 
ニヤニヤしながら読むのが至福の楽しみです(笑)
 
おじいちゃん的な趣向になってきた・・・・。
 
 
今週は、ほぼ和歌山に居た一週間でした。
 
インターネット販売の打ち合わせやら
 
お客さまが来られたり
 
納税協会青年部の役員会やら
 
有田市のみかん委員会などもありまして
 
今週もあっという間に過ぎていきました(早い)
 
今日(6月30日)で、生レバ食べられなくなるのでと
 
週前半には生レバを求めて和歌山市内まで出かけるも
 
3人で1人前しか無く、
 
聞くところでは女性一人で生レバ5人前平らげる人もいるくらい
 
生レバの駆け込み食いが多いのだそうです。
 
今日はもっとえぐいことになってるだろうなあ。
 
今週は焼き肉屋さんの生レババブルの週だったでしょうね。
 
 
あと、嬉しいことがもう一つ。
 
故障で悩まされ続け、1年ちょいで4回も修理に出したスマートフォンを
 
ギャラクシーS?に変えました。
 
これが一番故障が少ないとのことで
 
こんどこそストレス無く動いてくれることを願います。
 
 

友人の麺屋さんでこれはというおいしい麺をいただきまして
 
うどんのスープで「黄そば」をつくりました。
 
うどんスープはどこにでも売ってるヒガシマルの粉末スープ
 
 
うまい麺ナルト.jpg
 
豚骨系のスープより麺の味が引き立ちますので
 
おいしい麺にはこのお安いスープがいい。
 
この麺、日本中の人に食べさせてあげたい。
 
 
 
 


2012年06月30日 | カテゴリー: 感動!!| コメント(2037)| トラックバック(0)

いま、東京でフェルメール リ・クリエイト展が開催されてます。
 
リ・クリエイトというのが興味を引きます。
 
というのは、描きたての色を再現したということなのです。
 
黄色と青が印象的なフェルメールのリ・クリエイト作品はぜひ見てみたかったのです。
 
そして、全37作品がリ・クリエイトされて一同に展示されている
 
ということで、見に行ってきました。
 
 
 
私は絵のことはまるでわかりませんが、フェルメールの作品の中でもっともインパクトの強い作品
 
「真珠の耳飾の少女」のリ・クリエイト作品、これが見たかった。
 
北のモナリザとも言われるらしく、おそらく一般的にも一番有名なフェルメールの絵ではないだろうか。
 
フェルメール 真珠の耳飾りの女.jpg
 
きれいです。とくに当時黄金よりも高価だったと言われるラピスラズリを砕いて作られた
 
青色がとてもきれいです。
 
 
 
そしてこれが本物↓かなり色が変わっています。
 
そりゃ350年もたてば色もかわる。
 
ちなみにこの作品はオランダにあるそうです。
 
真珠の耳飾りの女(本物).jpg
 
この展示会に行って、音声ガイドを聞きながら廻りました。
 
ガイドがあると、3倍楽しめるということを発見しました。




 
 あと一週間で食べられなくなる・・・・・
 
とのことなので味わっておくことにします。
 
生レバあと一週間.jpg
 
あと5日なので、もう一回食べられるかどうか。
 
ムリか・・・・。
 
 
現長ひつまぶし3970円.jpg
 
今回はひつまぶしのお店へ。
 
東京の専門店では、一尾4000円弱が相場のようです。
 
いろいろ付いてますけど・・・・
 
この店には「究極ひつまぶし」というメニューがあって
 
価格は9700円で2尾半ついてる。
 
一緒に行った友人が注文して、さらにごはんを別盛りで注文
 
彼は普段は夜だけ一日一食なんですが、この昼食はさらっと完食してました。
 
ちなみに僕も一日一食生活をはじめて2週間。

体調はすこぶる良好。体重はアテネで太った分プラスαで計3キロ減

体脂肪率も3%下がっています。


おもしろそうなのでしばらく続けてみるか!

20歳若く見えるために私が実践している100の習慣

 
 
 


2012年06月25日 | カテゴリー: これは!?, 感動!!| コメント(1400)| トラックバック(0)

 
新社屋.jpg
 
今年の1月から工事をしていました、増設部分が完成しました。
 
昨日引っ越しを済ませまして、今日からフル稼働です。
 
社員の食堂や会議室、男女別のトイレなどもこちらに移りまして
 
直販部の事務所や従来の事務所も一緒になってこちらに移動しました。
 
そして入り口が店舗風になってるのは地元のお客さまが
 
お買い物に入りやすいようにするためです。
 
いままで味気ない事務所の重いドアを開けて
 
うなぎを買いに来ていただいてたお客さまには
 
大変なご不便をおかけしていたので
 
今後はストレスなく買っていただけるはず。
 
 
同時に、冷凍庫も大きくなったし作業場も大きくなったので
 
電気使用量が増えそう・・・・・
 
節電の夏なので、なんとか最小限の増加で収まるように
 
少しでもとの悪あがきで抜ける蛍光灯を抜いてみました。
 
抜いた蛍光灯.jpg
 
無駄に明るいところがかなりあったのか、合計52本抜けました。
 






 久しぶりに東京でうなぎを食べました。
 
松川うな重.jpg
 
うまい鰻食べていますか!というキャッチを冠にしているのを見て
 
気合いが入ってるなと感心しつつ
 
期待しながら食べてみました。
 
うなぎ業界の友人からの紹介でもあったので安心していましたが
 
3255円のうな重(まだ良心的?)は納得の味でした。
 
渋谷 松川
 
というお店です。
 
若い店員さんの接客も心地よく
 
さすが「うまい鰻食べていますか!」
 
と書いてあるだけのことはありました。
 
そして、13時30分という時間なのに店内は80%の入りで
 
客離れが激しいという話ばかりだったので、
 
「この店は大丈夫だ」と、ちょっと安心しました。
 
 
 
 
 
 
 


2012年06月18日 | カテゴリー: うなぎ, 会社で| コメント(887)| トラックバック(0)

今年もモンドセレクション受賞しました。
 
モンド受賞式2012.jpg
 
 
受賞したのは「川口水産のうなぎ蒲焼き」と
 
「きざみうなぎの蒲焼き」です。
 
受賞式はアテネで行われました。
 
アテネへは直行便がなく、乗り継いで19時間
 
遠いです。
 
ギリシャ経済は破綻寸前だとのことなので、
 
なんとなくそういう目で街を見てしまいます。
 
アテネの街.jpg
 
おみやげ物通りも人はまばらな様子
 
アテネの地下鉄の駅.jpg
 
地下鉄の駅周辺はわりと賑やかです。
 
ここの地下鉄には改札がありません
 
だからといって切符を買わないと、もしくは利用開始の刻印がなかったりすると
 
もしも検札で引っかかったとき、問答無用で運賃の60倍の罰金を取られる
 
とのことでした。
 
アテネのレストラン.jpg
 
夜になると、レストラン街は賑やかになります。
 
どこが破綻?という感じです。
 
 
 
 
授賞式の翌日、ランナーにとっては特別な思い入れのある
 
「マラソン」を訪れてきました。
 
マラソン博物館というのがあるらしいとガイドブックに載ってたので
 
行ってみました。
 
 
 
マラソン博物館.jpg
 
 
マラソン競技のルーツに関わる何かがあるのかと期待していったが
 
中は遺跡から出土したいろいろなものが展示されてるだけ。
 
3分もあれば一周できるちいさな博物館
 
係員の人は2人、他にお客さんはなく、2人はボーッと座ってるだけ。
 
この近くにはさらに大きな別の博物館があった
 
ん?と気になりつつも、先ほどの博物館が
 
あまりにしょうもなかったのでこっちもどうせしょうもないんだろうと
 
パス!
 
でもおかしいなあという思いは消えず
 
帰ってきてあらためて調べてみるとこんな記事が
 
 
ということは、ひょっとしてあのパスしてしまった方が本来の
 
マラソン博物館。。。アチャー
 
 
 
入るところを間違えてしまったようだ(笑)
 
あーあせっかく行ったのに。
 
 
さて話は変わって、
 
ここへ行くのに車で40分ぐらいかかったけど
 
道中、通りかかる街は空き店舗が多い。
 
それもかなり多いように思った。
 
ギリシャ経済の一端をかいま見たような気がしました。
 
この後、海辺のレストランで食事をして帰りましたが
 
そこでもお客さんは自分たちだけ。

レストランお客なし.jpg
 
今はまだシーズンオフなので・・・・とのことでしたが。
 
 
ガンバレギリシャです。
 
 
 
一緒に参加した醤油屋さんが、地中海のカニを食べたい、
 
どうしてもカニを食べたいとおっしゃるので、捜しまくって10件目
 
ようやく見つけた。
 
 
アテネのカニ.jpg
 
 
越前ガニのメスみたいに甲羅の中身がおいしい
 
ところが足、全然美味しくない。
 
身に味がないんです、このカニ。
 
甲羅の形は高足ガニ、でも足が短い。
 
なんというカニでしょう?
 
 
  
 
 
 
 
 


2012年06月09日 | カテゴリー: うなぎ, 旅行| コメント(1121)| トラックバック(0)

ブログプロフィール

川口水産の社長はこんな人。
1963年3月生まれ
干支:うさぎ
星座:牡羊座
動物キャラ:大きな志を持った猿
好きな数字:3と8
(趣味)
読書:司馬遼太郎ファン、特に「坂の上の雲」
身体を動かすこと:マラソンとゴルフ
旅行:20代半ばで、2年間海外を放浪(中近東、北アフリカ、ヨーロッパ、西アジア)
B級グルメ:美味しいものを求めて何処までも?
早寝早起き:10時に寝て5時に起きます。

川口水産プロフィール
川口水産は和歌山県の有田市で創業30年以上うなぎ一筋です。日本一おいしいうなぎを日本中の人にお届けすることを目差してます。
川口水産株式会社
〒649-0435 和歌山県有田市宮原町滝川原212
TEL:0737-88-5118
FAX:0737-88-5233