美味しいうなぎとは、、、
 日本国内の養鰻場へのラスウナギ池入れ数量がようやく20トンに近づいてきたようです。
 
過去最低レベルまであとわずかという数量ですが、実はこの数字、

少し割り引いて見なければいけません。
 
養殖新聞によると、今シーズンのシラスウナギは大半が輸入ものというところがポイントで
 
実質15?16トン台に止まるとのことです。
 
 
 国内のシラスウナギは1kg=重さ単位で取引される。
 
国内産のシラスウナギは1kgに5000尾?7000尾のウナギが入っています。
 
が、海外では尾数で取引され、日本に入ってくるときは
 
5000尾を1kg分として取引されます。時によっては4800尾というときもあるようです。
 
故に、池入れ数量の19トンは日本のkg換算になおすと、
 
実は15?16トン台ということになるということです。
 
 漁が続いていた中国のシラス漁が上海万博開催にともなって
 
15日から上海周辺禁漁となってしまった・・・・・・。
 
中国、韓国合わせてもあと5トン前後捕れればいい方だろうとのことです。
 
 
 
 
 
 
■主要産地の池入れ量(前年)
 
国内トータル:19トン(28.7トン)
 
 
鹿児島:7227kg(10327kg)
 
宮崎 :3139kg(4459kg)
 
愛知 :4745kg(7837kg)
 
静岡 :1390kg(2820kg)
 
 
 
直近の池入れ価格情報
 
一般的な池入れ価格は50万円以上
 
 
 
■海外池入れ情報
 
台湾:     1000kg  (14500kg)
 
中国:     10000kg   (23000kg)
 
韓国:    9000kg   (14500kg)


2010年04月19日 | カテゴリー: 美味しいうなぎとは、、、| コメント(1438)| トラックバック(0)

ブログプロフィール

まだまだ謎が多いうなぎですが、皆様が思わず『へぇ?』と感心される事から、『なるほど!』と納得される事まで、うなぎについてお伝えしていきます。

川口水産プロフィール
川口水産は和歌山県の有田市という所で創業30年以上うなぎ一筋の専門工場でございます。皆様から美味しいと言って頂けるようなうなぎを日夜、一生懸命作っております。
川口水産株式会社
〒649-0435 和歌山県有田市宮原町滝川原212
TEL:0737-88-5118
FAX:0737-88-5233