2012年6月
活鰻
 
 
土用丑まで一ヶ月を切りました。
 
例年なら、もうちょっと盛り上がっていくところですが
 
今年はさっぱり。
 
原因はこれまでの極端な高値にあることは明らかで
 
一般メディアの「うなぎが高い」報道も響いて
 
うなぎの流通量は昨年の半分ぐらいなのではないでしょうか。
 
あるたれメーカーの話でも「小袋は昨年の50%」とのこと。
 
小袋の売れ具合はおそらく正確な販売状況を表していると思うので
 
やはり前年比50%ぐらいなのでしょう。
 
国産活鰻価格は表面上は横ばいを保っているが、値下がり傾向にある。
 
輸入物は台湾が若干の下げ、中国は横ばい
 
中国の横ばいは下げても売れないという判断のようだ。
 
ただ、忘れていけないことは、来年のジャポニカうなぎの量が
 
今年よりも3割以上少ないということ。
 
今の活鰻の値下がりは揺り戻しの要素が大きいということです。
 
 
 
 
★5月輸入通関統計★
 
活鰻輸入量
 
中国   242トン
台湾   101トン 
韓国    20トン
オーストラリア  807kg
アメリカ     2780kg
カナダ         0kg
インドネシア      0kg
 
 
平均価格(C&F)4457円/kg
 
 
 
加工品輸入量
 
中国  1140トン
台湾     7トン
スペイン  28kg
インドネシア 0kg
 
平均価格(C&F)3417円/kg
 
シラスウナギ
 
台湾   60kg
 
香港  440kg
 
フィリピン  3kg
 
アメリカ 140kg
 
 
 
★輸出
 
台湾へ188kg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■活鰻相場動向
 
 
 
先週の値動き............
 
国内 →→→横ばい
 
中国 ↓↓↓下げ
 
台湾 ↓↓↓下げ
 
..............................
 
 
 
 
 


2012年06月30日 | カテゴリー: うなぎ業界の近況| コメント(821)| トラックバック(0)

活鰻
 
 
11日、三河地区新仔の暫定池揚げ価格がでました。
 
それによると、
 
5P 4500円
 
4P 4100円
 
3P 3300円
 
 
 
対して、九州のヒネ仔相場は、大隅組合加工向けとしながら
 
5P 4000円
 
4P 3650円
 
3P 3000円
 
という相場に修正されたとのこと。
 
台湾、中国も下がっているが、まだ国産以下にはなっていない。
 
というか、あっさり国産に追い抜かれた恰好になっています。
 
極端に上がり過ぎた分、下げも幅も大きい
 
ただ、来年に向けての活鰻供給量は今年よりも2?3割少ない
 
シラスの国内池入れ量は16トンで終わったと養殖新聞のデータは言っているが
 
実際はもう少し少ないかも知れない。
 
 
14トンぐらいだろうとの話もある。
 
ということで、一時的な下げのあと、また上昇することは目に見えている。
 
すでに、三河の大手加工場には、価格は成り行きで
 
来年の夏向けのオーダーが入っているとのことです。
 
早すぎるという感もあるが、新仔が出てきてすぐに仕込むのは
 
正解だと思います。
 
 
 
 
■活鰻相場動向
 
 
 
先週の値動き............
 
国内 ↓↓↓下げ
 
中国 ↓↓↓下げ
 
台湾 ↓↓↓下げ
 
..............................
 
 


2012年06月18日 | カテゴリー: うなぎ業界の近況| コメント(9)| トラックバック(0)

活鰻
 
「うなぎが高い」という報道が頻繁にされることから
 
消費者のうなぎ離れが進んでいるのではと危惧しています。
 
東京の5月の活鰻流通量は前年比65.4%と4月に続いて大幅ダウン。
 
 
そんな中、ついに相場が下がり始めました。
 
新仔の出荷が始まり、ヒネ物が100円下がるかと思ってたら
 
九州の超大手養鰻場Sさんとこが3年ヒネものを
 
投げ始めたとのことでさらに値下がり。
 
国産相場は200円下がった。
 
輸入物はさらに大きく下げているが、国産に追いついた
 
とおもったら国産が下がった分だけまた値差が開いた。
 
週明けの11日、愛知県下の鰻関連団体が会合を開き
 
新仔価格の指標が打ち出される。
 
 
 
注目です。
 
 
 
そして、ジャポニカの少なさを補おうと、4月は
 
活鰻やシラスがいろんな国から輸入されてます。
 
 
 
★4輸入通関統計★
 
活鰻輸入量
 
中国   153トン
台湾   110トン 
韓国    27トン
オーストラリア 1298kg
アメリカ     5000kg
カナダ       608kg
インドネシア    419kg
 
 
平均価格(C&F)4457円/kg
 
 
 
加工品輸入量
 
中国  1083トン
台湾     4トン
インドネシア 630kg
 
平均価格(C&F)3417円/kg
 
シラスウナギ
 
台湾   60kg
 
香港  440kg
 
フィリピン  3kg
 
アメリカ 140kg
 
 
 
★輸出
 
なし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★シラスウナギ情報
 
ほぼこれで終漁でしょう
 
 
 
カッコ内は昨年実績
 
国内の池入れ総量は16トン(20.9)
 
中国 8.0(8.0)
 
台湾 0.8(0.7)
 
韓国 1.6(6.8)
 
トータル 26.4トン(36.4)
 
 
 
 
 
■活鰻相場動向
 
 
 
先週の値動き............
 
国内 ↓↓↓下げ
 
中国 ↓↓↓下げ
 
台湾 ↓↓↓下げ
 
..............................
 
 
 


2012年06月09日 | カテゴリー: うなぎ業界の近況| コメント(1072)| トラックバック(0)

ブログプロフィール

まだまだ謎が多いうなぎですが、皆様が思わず『へぇ?』と感心される事から、『なるほど!』と納得される事まで、うなぎについてお伝えしていきます。

川口水産プロフィール
川口水産は和歌山県の有田市という所で創業30年以上うなぎ一筋の専門工場でございます。皆様から美味しいと言って頂けるようなうなぎを日夜、一生懸命作っております。
川口水産株式会社
〒649-0435 和歌山県有田市宮原町滝川原212
TEL:0737-88-5118
FAX:0737-88-5233